カテゴリ「LESSON/Beauty Tips」の記事 Feed

2018.10.18

ハロウィンメイクもトレンドカラーで!

朝晩肌寒くなり、秋の深まりを感じるようになってきました。
10/31(水)はハロウィンです。街中でもハロウィンのディスプレイを目にする事が多くなってきましたよね。

 

本格的な仮装とまではいかなくても、いつもとはちょっと違う自分でイベントを楽しみたいという方は多いのではないでしょうか?
今回はRMKのアイテムを使った、ハロウィンにおすすめのメイクをご紹介します。
トレンドのカラーメイクでいつもの自分との変化を楽しみましょう!

 

【パターン1】

20180914_rmk_0250_3

①パープルニュアンスのアイシャドウにカラーマスカラを組み合わせて印象的な目もとに。
ポイントはアイシャドウをのせる範囲です。眉下までアイシャドウの質感をつなげていくようにつけましょう。

②ブラシに残ったアイシャドウで目の下からハイライトゾーンにかけて広めに質感をプラスすると、パープルニュアンスが肌の透明感をアップしてくれます。

③チークとリップはベージュ系で肌なじみよく仕上げましょう。

 

<使用アイテム>

■EYES
インジーニアス クリーム&パウダー アイズ 03
Wカラーマスカラ 03
インジーニアス ウォータープルーフ ペンシルアイライナー 01

■CHEEKS
インジーニアス パウダーチークス N 04

■LIPS
カラークレヨン 01
リップジェリーグロス 03

 

 

【パターン2】

20180914_rmk_0299_2

洋服や髪型にもこだわったら、メイクもバランスをあわせてトータルコーディネートしましょう。
全部が派手にならないように、メイクは同系色のカラーを使ってまとめるのがポイント。
ワントーンでまとめる分、色をのせる範囲を普段より広く、大胆にスマッジさせましょう!

①アイシャドウ、チーク、リップと1本で3役をこなすマルチクレヨンを、アイシャドウとチークを繋げるように広範囲に入れます。まぶたにも広めに色をのせてみてください。肌に溶け込むような発色のクレヨンなら、大胆にいれても浮かないので大丈夫です!

②アイブロウとリップも深みのある赤系でトーンをそろえれば完成です。

 

<使用アイテム>

■EYEBLOW
Wアイブロウカラーズ 04

■EYES
インジーニアス ウォータープルーフ ペンシルアイライナー 01
マットマスカラ N 01

■EYES/CHEEKS
マルチクレヨン 04

■LIPS
カラークレヨン 06
リップジェリーグロス 11

 

いかがでしたか?
いつも使っているアイテムでも色をのせる範囲を変えるとイメージがガラッと変わります。
そんなメイクの楽しみを発見できるのも仮装やイベントの良いところですよね。
トレンドカラーを大胆に取り入れたメイクでハロウィンイベントを思いっきり楽しんでください!!

20180914_rmk_0364_12

 

全国のメイクアップイベントはこちら>>

 

RMK MAKE UP ARTIST 横内 雄太Rmk

2018.10.04

秋冬ベースメイクのトレンド

今年の秋冬の肌づくりは、艶っぽすぎずマットすぎず、うるおいに満ちたセミマット肌がトレンドです。
程よいツヤを与えつつ、透明感あふれる仕上がりがメイクを引き立てます。
ファンデーション選びも大切ですが、美しい肌づくりの秘訣はファンデ―ション前の仕込にあります。
今回は、RMKのアイテムで旬な肌に仕上がるステップをお伝えします!

 

 

①お好みの下地をつけた後に、コントロールカラーを使って肌色を補正。

20180914_rmk_0023

A02

ベーシック コントロールカラー N 01」を使用し、内側から濡れたような光沢感をあたえます。パールの光拡散効果で、色ムラや肌のアラを目立たなくさせ、素肌っぽいのに適度にカバーされた明るい肌に。顔全体にはもちろん、光を集めたいパーツに部分的に使用することもできます。

 

 

②コンシーラーを使って、よりリアルな立体肌に。

20180914_rmk_0051_2

ファンデーションをつける前に少し明るいコンシーラーを目の周り、鼻筋、あご先にオン。ハイライト効果で自然な立体感のある仕上がりに。
ファンデーションは厚塗りにならないように、コンシーラーを塗っていない部分にだけつけて、境目を指でなじませてぼかします。

 

 

③最後に「シルクフィット フェイスパウダー」を重ねれば、ファンデーションの仕上がりを損なわずシルクのヴェールをまとったような上質な肌に。

20180914_rmk_0095_4

A02_2

 

 

いかに厚塗り感なく仕上げられるかどうかが旬顔をつくる為のポイントです。ナチュラルなのに手抜きに見えない肌を目指しましょう。

20180914_rmk_0087_5

洋服を着替えるように、肌もシチュエーションや気分で着替えて、メイクをもっと楽しんでくださいね。

2018.08.23

「こなれたカラーメイクにはこれ一本!おすすめアイテム、Wカラーマスカラ」

2018年はカラーライナーやカラーマスカラを取り入れたメイクアップが人気ですよね。
さりげなくカラーメイクを取り入れたい!という方におすすめなアイテムが「Wカラーマスカラ」です。
RMKの人気アイテムでもあるので、すでに愛用している方も多いのではないでしょうか。
今回は、現在発売中のA/W 2018 コレクションの限定カラー2種と、定番カラーの5種を紹介します。

 

 

まずは限定カラーから。

18_4_9_rmk2112_2


EX-04 ダークグリーン
何色とも相性の良いカーキと流行色オレンジの組み合わせ。
ブラックよりもやさしく、ブラウンよりも引き締まるカーキに、ダスティなオレンジのアクセントが効いたカラー初心者でも使いやすい仕上がり。


18_4_9_rmk1726

 

EX-05 ロイヤルバイオレット
深みのあるバイオレットとモーヴ系のラベンダー、同系色の組み合わせ。
ブラウン系やベージュ系のアイシャドウとベストマッチなので、ちょっといつもと雰囲気を変えたい方におすすめ。


18_4_9_rmk1656

 

 

ここからは定番カラーのご紹介。

18_4_9_rmk2120_4


01 ブラックピンク
シンプルイズベストな1本。漆黒のブラックにスイートなピンクの組み合わせ。


18_4_9_rmk1640_3

 

02 ブラウンオレンジ
明るい赤みブラウンとビビッドなオレンジの組み合わせ。ポップな仕上がりでもなじみのいいカラー。


18_4_9_rmk1705

 

03 ブルーバイオレット
鮮やかなブルーとバイオレットで透明感のある仕上りに。

 
18_4_9_rmk1746

 

04 インディゴグリーン
シリーズの中で最も落ち着いた組み合わせ。クールな大人のカラーマスカラ。


18_4_9_rmk1756

 

05 ダークグレーイエロー
グレーとダスティなイエローのモードな組み合わせ。普通の色は飽きた!という方はぜひお試しください。


18_4_9_rmk1796

 

 

1度使うとクセになるカラーマスカラ。ネイビーやバーガンディなどの落ち着いた色味のアイテムもあるので、ぜひお店でチャレンジしてみてくださいね。

 

全国のメイクアップイベントはこちら>>

 

RMK MAKE UP ARTIST 金子 真二At

2018.07.26

アーティストベストセレクション③~イレジスティブル スケッチリップライナー~

今年はリップを主役にしたメイクをよく見かけます。皆様はリップメイクのバリエーションはお持ちですか?
リップのバリエーションを増やしてメイクの幅を広げたい!
そんな時に大活躍のおすすめアイテムは、「イレジスティブル スケッチリップライナー」です。
今回は、スケッチリップライナーを使用した、リップメイクアレンジをご紹介します。

A02_4

 18_4_9_rmk1960_2

ベージュのスケッチリップライナーで輪郭をとり、アウトラインをぼかす事で柔らかいグラデーションリップが完成します。
ベージュカラーはシアーなグロスなど、透明感のあるリップカラーの発色を良くするためのベースとしても活躍しますよ。

 

18_4_9_rmk1822_2

ローズのスケッチリップライナーを使用し唇全体を塗りつぶします。
リップの持ちが格段と良くなり、これだけで存在感が出せます。

 

18_4_9_rmk1892_2

唇が乾燥してリップが使えない時は、グロスを塗った後にスケッチリップライナーを後付けしてみて下さい。
うるおいの中にほんのりと色が付き、自然なジューシーグラデリップの完成です。

 

  Photo_4

モーヴのスケッチリップライナーでしっかり輪郭をとり塗りつぶします。(写真左)
その後に「イレジスティブル ブライトリップス 08(ディープレッド)」を重ねると、今流行りのスモーキーリップになります。(写真右)
赤リップを使う機会が減ってきた方は、簡単にトレンドリップになれるこの使い方をぜひお試し下さい。
スケッチリップライナーを取り入れれば、リップのバリエーションが増える事、間違いなしです。

 

皆様も今年はリップを主役に色々なメイクを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

全国のメイクアップイベントはこちら>>

 

RMK MAKE UP ARTIST 西村 彰修Rmk

2018.07.19

ファンデーションのアレンジでヘルシーなブロンズ肌

日焼けはしたくないけれど、健康的な日焼け肌には憧れる!
そんな方、実は多いのではないでしょうか?
今回は、簡単にヘルシーなブロンズ肌になれる方法をご紹介します。

 

使用アイテムは、
リクイドファンデーション(いつもの自分のカラー)
        +
②リクイドファンデーション(コーヒーブラウン)です。

まず、①と②をそれぞれ手のひらに取ります。
※②は少なめでOK。自分の好みの色に調整しましょう。

 

18_4_9_rmk2109_2

手のひらで軽く混ぜあわせたら、後はファンデーションブラシで顔全体にサッとひと塗り。
日焼け感のあるナチュラルな肌トーンに仕上がり、さらに②に入ってるパールが肌の透明感をアップして、日差しに映えるブロンズ肌が完成します。

 

Photo_4

また、フェイスラインなどに、シェーディングとして取り入れれば、立体感が出て小顔に見える効果も。流行のコントゥアメイクにも活躍します。

 

夏のアクティブな表情にあわせて、ぜひお試しください。

 

全国のメイクアップイベントはこちら>>

 

RMK MAKE UP ARTIST 久木元 剛史Rmk

2018.07.12

アウトドアシーンにおすすめ!二度見されちゃう大人な色遊びメイク

夏本番、イベント事が多くなる時期ですよね。今だからこそ、遊びもメイクも楽しみたい!
そんな方に向けて、今回は流行のグランピングなどのアウトドアシーンに取り入れやすいメイクをご紹介します。

 

アウトドアに遊びに行くのに、いつもと同じメイクをしている人はいませんか?
太陽の下では、メイクが濃くみえたり、肌がマット過ぎると厚化粧にみえたりして、いつも通りのメイクだとやり過ぎ感が出てしまうことも。
ベースメイクは ナチュラルで抜け感のあるツヤ肌がマストです。

 

18_4_9_rmk1781_5

 

そこでおすすめしたいのが、3Dフィニッシュヌードです。
ファンデーションカラーとパールカラーの組み合わせで、軽やかなツヤとヘルシーな抜け感のある肌が簡単につくれます。
さらっとした軽いつけ心地なので、暑い日でも美しい仕上がりが長続き。
光があたる高い所にパールを仕込めば、肌のトーンも上がりハイライト効果で立体感もだせます。お化粧直しにも最適ですよ。 

 

 

メイクでは、目もとにさりげなくカラーを取り入れて、リップを主張するのがおすすめです。
アウトドアシーンで色遊びを楽しむなら、カラーマスカラが〇!
カラーアイシャドウだと派手になりやすく、アウトドアシーンには少し頑張り過ぎた感が出てしまいます。
マスカラならさりげなく色を取り入れられるので、かわいくコーディネートすれば、目線がいくこと間違いありません。

 

18_4_9_rmk1909_5

  

今回はデニムに合わせてブルーのマスカラをチョイスしてみました。
ファッションやアクセサリー、ネイルなどから色を合わせてコーディネートすれば統一感が出ておしゃれ感もUPします。
上下で色を変えたり、目尻だけつけたりと、つける場所によって何通りも楽しめます。
他にもたくさんのカラーマスカラがあるのでぜひチェックしてみてください。

 
18_4_9_rmk1857_3

 

アイシャドウは、パールのみを使用して輝きをまとい、マスカラの発色を引き立てるようにします。
チークとリップは、なじみの良いオレンジを使用して健康的でフレッシュな印象に。
媚びない色気とオシャレな遊び心をきかせたメイクです。
イベント盛りだくさんの楽しい季節。そんな季節だからこそ、もっと自由に、大胆に!
メイクを楽しんでアウトドアライフを充実させてくださいね。

 

 

 

<使用アイテム>

   
2_000000000176_2

3Dフィニッシュヌード
カバー力や質感を思いどおりにコントロールできるファンデーションです。
軽やかなつけ心地でフレッシュで抜けたヌード肌に仕上がります。

 

 A02

Wウォ―ターアイズ カラーインク 10(コージ―ブラック)
まぶたにのせるとリキッドがサラサラに変化するので、すぐに乾いて崩れません。
粒感のある純銀パール入りで、この季節にぴったりなキラキラとしたグリッターアイに仕上がります。

 

 
A02_2

セパレートカール マスカラ N 03(ブルー)
ウォ―タープルーフタイプで水や汗に強く、カールキープ力も抜群です。

 


A02_3

マルチペイントカラーズ 06(ワイルドレッド)
チーク&リップの2WAYタイプ。肌につけるとクリーミィにとろけてふわっと上気したような頬に。
リップにつけると、トレンドのカジュアルマットな仕上がりに。スライド式ケースの表面はミラー仕上げなので、食事をしてリップが落ちてしまった時もさっとお直しできますよ。

2018.07.05

「大人気RMKのネイルポリッシュで、簡単サマーネイルアレンジ」

爽やかな気候から、いよいよ夏を感じる季節になりましたね。
今回はそんな夏におすすめのネイルアートをいくつかご紹介したいと思います。
どれも簡単にできるのでぜひ参考にしてみてくださいね!

RMK ネイルポリッシュ>>

 

18_4_9_rmk2144_5

クリアをベースに先端に向かって透けるようなブルーとオレンジをランダムに塗り、シルバーのグリッターをあしらって作る水彩画風ネイル。

 

 

18_4_9_rmk2151_4

ヌーディーなベージュを全体に塗り、
爪先にちょこんとヴィヴィッドなピンクをポイントで乗せるとモードでこなれた雰囲気に。

 

 

18_4_9_rmk2192_10

透明感のあるブルーにシルバーラメを組み合わせた、
クールでありながら輝きのあるネイルは、手もとまで明るくみせてくれます。

 

 

18_4_9_rmk2202_5

夏らしい印象のブルーやホワイトを交互に塗り、
1本だけに縦割りでバイカラーにすることで一気にモードな印象になります。

 

 

今回ご紹介したアートはどれも簡単で、テクニックに自身の無い方でも時間をかけずできるものばかりです。常に視線の中に入ってきやすい手もとをブラッシュアップして、夏を思いっきり楽しみましょう!

 

 

全国のメイクアップイベントはこちら>>

 

RMK MAKE UP ARTIST 今井 智章Aat

2018.06.28

「みずみずしい透明感をミストでキープ」

最近、朝の仕上がりはいいのにメイクのもちがよくない、
メイクを直してもきれいにのらない…
そんなお悩みはないですか?

 

これからの時期は気温が上がり、汗やべたつきが気になりますが、室内はエアコンの影響で乾燥しやすくなっています。
実は肌の水分がどんどん失われていくことが原因でメイクのノリや、もちが悪くなってしまうのです。

 

そんな時は、どこでも手軽に保湿が出来る「グローミスト」をおすすめします!


Pre_img03

メイクの仕上げにシュシュッと吹きかけると、しっかりとメイクが密着してもちがアップしますし、
日中のメイク直しの際にも活用していただけます。

 

メイク直しに使うときは、
まずティッシュでTゾーンの汗や皮脂をおさえます。
目線より少し上の方からグローミストを吹きかけ、お顔全体にふわっとうるおいを与えます。18_4_9_rmk1916

 

手のひらでハンドプレスしてなじませてから、パウダーでお直しをするときれいに仕上がりますよ。18_4_9_rmk1939 

こまめに水分補給をしていくことで、長時間きれいな状態をキープできますし、すっきりとした香りで気分もリフレッシュできるので、ぜひお試しくださいね!

 

全国のメイクアップイベントはこちら>>

 

RMK MAKE UP ARTIST 中山 恵美Rmk

2018.06.21

夏のベースメイク、ちょいテクで毛穴をカバー!

どの世代でも肌の悩みといえば必ず聞こえてくるのが毛穴。

今回は、崩れにくく、毛穴を自然にカバーして肌色もととのえるテクニックをご紹介します。
毛穴が気になる方は必見です!!

 

18_4_9_rmk1324_2

まず「スムージングスティック」をスポンジの角にとります。
小鼻周り等、細かい所につけやすくなります。

 18_4_9_rmk1286

毛穴の気になる部分に、軽くすべらせるようにつけていきます。
スムージングスティックが肌にピタッとフィットして、溶け込むようになじむので、
毛穴の凹凸をナチュラルにカバーします。
下地の段階でのちょっとしたひと手間が、きれいに仕上げるためのポイントです。
スムージングスティックはメイク崩れが気になる所に使える部分用下地なので化粧持ちもUPしますよ。

 

さらに毛穴だけでなく、赤みなどの色ムラもカバーしたい。
という方はコンシーラーのブラシ使いがおすすめです。

18_4_9_rmk1307_2

使用するのは、「スーパーベーシック コンシーラーパクト」と「ファンデーションブラシ N」。
コンシーラーをファンデーションブラシでつけると、
しっかりカバーしているのにナチュラルに仕上がります。
2色セットになっているので、自分の肌色に合わせて思い通りの色がつくれますよ。

 18_4_9_rmk1291

ファンデーションブラシで赤みがある部分に軽く触れるようにコンシーラーをつけていきます。
スーパーベーシック コンシーラーパクトはカバー力があるので、少量で赤みをカバーできます。
ブラシを使うと、テクニックに自信のない方でもオートマチックに絶妙な量をつけられるので、
さりげないカバーでなめらかな肌が簡単につくれます。

 

 

気温が上がると、より毛穴の開きが気になりませんか?
今の時期に使えるテクニックなので、ぜひお試しください。

 

 

全国のメイクアップイベントはこちら>>

 

RMK MAKE UP ARTIST 中水 康博At

2018.06.14

『カラークレヨン全色紹介&アレンジ術』

やわらかなタッチで唇に溶け込み、トレンドのカジュアルマットな仕上がりを簡単に作れる「カラークレヨン」。
今回はこのカラークレヨン全6色をご紹介します。

リップラインをきれいに引いたり、じんわりとナチュラルに仕上げたりアレンジは自由自在。
身軽に出かけたいこれからの季節に、コンパクトでメイク直しにも便利なカラークレヨンはぴったり。
新しいカラーにもチャレンジして、気分を変えてお出掛けしましょう!

 

<まずは温かみのある肌色にふわっと馴染むベーシックカラー>

18_4_9_rmk1411_7

大人の女性に使って欲しい洗練されたベージュ(01)

18_4_9_rmk1458_4

カジュアルでヘルシーなコーラル(02)

 

<色味をのせて顔色をワントーン上げたい方はこちら>

18_4_9_rmk1479_2

甘すぎない大人ピンク(03)

18_4_9_rmk1488_2

日本人にピッタリなデイリーに使えるレッド(04)

 

<リップを主役にしたおしゃれで旬な表情をつくるならこちら>

18_4_9_rmk1509_3

華やかな表情に仕上がるローズ(05)

18_4_9_rmk1581_2

果実のような深みのあるモードカラー、フィグ(06)

  

<おすすめのアレンジパターンもご紹介します!>
18_4_9_rmk1633_2

01 ベージュと04 レッドの2色を使ったグラデーションリップです。
01で軽くラインを取り内側に指でポンポンとぼかした後、中央に04をつけなじませます。
ふんわりにじむようなナチュラルなグラデーションが作れます。

 

18_4_9_rmk1677_2

06 フィグでリップラインを取ります。
その上からリップジェリーグロス 11 ワンダーブルーを唇の中央に重ねると、
透明感と立体感のあるリップが完成。

今回ご紹介した以外にも、一人一人に合わせたリップメイクの提案を店頭でさせていただきますので、
お気に入りのカラーを探しに遊びに来てくださいね!

全国のメイクアップイベントはこちら>>

 

RMK MAKE UP ARTIST 後藤 祥子At_2