カテゴリ「LESSON/Beauty Tips」の記事 Feed

2018.12.13

『ナチュラルコントゥアリングでこなれた雰囲気に』

12月に入り、だんだんと寒さも厳しくなってきましたね。
秋冬はダークトーンのお洋服を着ることが増えると思いますが、メイクもそんなファッションにあわせてぐっと大人っぽく変えてみてはいかがでしょうか?
今回は自然なメリハリのある骨格美人を作る「コントゥアリング」についてお伝えしたいと思います。

 

そもそも「コントゥアリング」とはハイライトやローライト等を駆使して顔立ちの立体感を強調するメイクテクニックのこと。
欧米のセレブの間で火が付き、今や世界的なメイクのトレンドとして大人気です。
日本でも、雑誌などの特集で見かけるようになってきました。
欧米人に比べフラットな印象になりがちな日本人のメイクに取り入れると、ハッとするほど印象を変える事ができるのです。

 

今回は「マルチクレヨン 02 モカピーチ」を使って、誰でも簡単にできるコントゥアリングのテクニックをご紹介します。
マルチクレヨン 02は、マットな赤味寄りのブラウンで、その名の通り、目もと、チーク、リップとマルチに使える優れもの。

A02

このクレヨンを使って耳から頬骨の下のくぼみに線を描くように、カラーをのせます。さらにアイホール(まぶたのくぼみ)と、眉頭の下から鼻先に向かってノーズシャドウのように入れ、そのあと指で軽く馴染ませるだけ。

20180914_rmk_0038

肌なじみの良いマットなテクスチャーなので、骨をなぞるようにいれるだけで色浮きせずに簡単に自然な立体感を演出できます。コントゥメイク入門編として、とてもおすすめのアイテムです。

 

お好みで高い部分にハイライトを入れればさらにメリハリのある仕上がりにも。

20180914_rmk_0079

 

 

ナチュラルなのに骨格を活かしたどこか印象的なメイクは顔立ちを選ばずにできるので、気になっていた方はこの機会にトライされてみてはいかがでしょうか?

 

 

今井 智章アーティストのイベントスケジュールはこちら>>

Aat

2018.12.06

RMKのクリスマスコフレでミニマムパーティーメイク

12月になり、街の雰囲気も一層クリスマスらしくなってきましたね。
クリスマスパーティを予定している人も、多いのではないでしょうか。
パーティでは華やかなメイクをしてみたいけど、どんな感じにしようか迷ってしまう。
そんな人のために、今回は「クリスマス トラベルメイクアップキット 2018」を使ったメイクをご紹介したいと思います。

0000000006672_rdilvwc

 

華やかなイメージを作る時のポイントは、「質感」を取り入れることです。
さまざまなカラーアイテムが入ったパレットの中から、今回は特に質感に特徴があるホワイトのアイシャドウとマルチペイントカラーズをメインにメイクを仕上げていきます。

 

パレット右上のホワイトをまぶた全体に入れて濡れたような質感を出し、右下のブラックをアイライナー使いにして目尻は少しはねあげます。
白×黒のコントラストが、パールのきらめきによってより一層、華やかな印象に仕上がります。
チークはマルチペイントカラーズのナチュラルな色でみずみずしい肌に。
シンプルですが、透明感あるパールとピュアなクリームの質感で、メイクを印象的に仕上げることができます。

 

そこにプラスしたいのが、12月7日発売の「ティンティッド オイルフィットグロス 01 ウィンターレイク」です。

Tinted_oil_fit_gloss_01

 

20180914_rmk_0452

 

唇の水分に反応してじわっと発色するピンクカラーと、うるうるのツヤが美しいグロスです。

 

うるおいに満ちた柔らかな質感の口もとと、パールの質感がきれいな目もとの組み合わせ。
これからのパーティシーズンに向けて、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

20180914_rmk_0386_2

 

 

中山 恵美アーティストのイベントスケジュールはこちら>>

Rmk

2018.11.29

『たった2つのアイテムで簡単お直し』

湿度の高い夏とはちがい、この時期は乾燥によるテカリやメイク崩れが気になりますよね?
今回は、メイクはそのままに、肌に水分をあたえつつ余計な油分を取り除くお直し方法をご紹介します。

 

18_9_14_atblog_1120180914_rmk_0513

 

ステップは簡単。

 

18_9_14_atblog_1120180914_rmk_0496

18_9_14_atblog_1120180914_rmk_0497

 

まずは、ティッシュを3枚重ねて三角に折り、それを指に巻きミトンを作ります。
このティッシュ3枚程度の厚みが、ほどよく肌を包み込むような使い心地でおすすめです。
そこにミストを吹きかけ、お直ししたいところをやさしく押さえるだけ!

 

18_9_14_atblog_1120180914_rmk_0492

18_9_14_atblog_1120180914_rmk_0490

 

余分な皮脂をティッシュが吸い取り、ミストの水分が肌をうるおすので、お直しがとてもきれいに仕上がります。
是非お試しください。

 

<使用アイテム>

RMK グローミスト N (ネロリの香り)
RMK グローミスト C (カシスの香り)
RMK グローミスト CI (シトラスの香り)

 

 

小林 徹アーティストのイベントスケジュールはこちら>>

Rmk

2018.11.22

『赤みのちょい足しで、眉メイクを1ランクアップ』

RMK メイクアップアーティストの山田 勝太です。
初めてのブログ更新の為、少し自己紹介をさせていただきます。
今年の7月にアーティストになり、得意な英語や韓国語を用いて、海外のお客様にもご満足頂けるメイクレッスンを目指して日々活動しております。
好きなメイクは透明感のあるナチュラルメイクです。
透明感の出し方がわからない、くすみやすいなど、お悩みのある方は是非メイクレッスンにご参加くださいね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

最近のメイクレッスンでも、眉の書き方がわからない・難しいなど、眉メイクの質問を多くいただきます。
眉は表情をつくる上でとても重要なパーツです。一昔前のままだと顔全体が古い印象に。
そこで、今回は旬な顔になる眉メイクのポイントをご紹介します。

 

キーワードは『赤み』です。

 

赤みは、女性らしさを与えてくれる色で、柔らかさを見せたいときや華やかさを加えたいときなどに使える、今ではメイクの定番ともいえるカラーです。
そんな赤みのあるカラーを眉山に加えることで、自然な立体感が生まれ、ふんわり優しい眉に仕上がります。
さらに、自然な血色感をプラスする効果も。

 

20180914_rmk_0477

 

この様なちょっとしたひと手間が、メイクの鮮度をググッと引き上げてくれます。

 

20180914_rmk_0481

 

くすみやすい冬だからこそ、赤みをプラスして、自然な立体感のある旬な眉をつくってみてはいかがでしょうか?

 

山田 勝太アーティストのイベントスケジュールはこちら>>

20_aat_2  

2018.11.15

証明写真できれいにみせるメイクアップテクニック

街中で見かける証明写真機。急に証明写真が必要になったときや、手軽に用意したいときに便利なマシンですよね。でも、いつもと同じようにメイクをしたはずなのに、満足な仕上がりにならなかったという方は多いのではないでしょうか?
自然な光とは違い、証明写真機はライトが強く当たるため、いつもと同じメイクだと顔が白く、ぼやけた印象になりがちです。

 

今回は証明写真機でもきれいに撮れる、メイクテクニックをご紹介したいと思います。
立体的に見せるために大切なポイントは、ベースメイク、アイブロウ、アイメイクです。

 

まずはベースメイク。
厚塗りのマット肌は平面的になりやすいので、ファンデーションはパウダー系よりもリクイドや、クリーム系で艶やかに仕上げるのがおすすめです。
ポイントは、肌に自然なハイライト効果をあたえること。
肌よりも少し明るめのコンシーラーを使用し、頬骨から目のくぼみに沿ってなじませます。
そうすることで自然な立体感が出て、顔全体が引きしまります。

20180914_rmk_0104

 

次はアイブロウ。
アイブロウはいつもよりしっかりめに描きます。
その際、描いた線が浮かないように、ガイドラインを1~2ミリぼかします。
スクリューブラシを使用してなじませると簡単です。

20180914_rmk_0135

 

そしてアイシャドウ。
ブラウン系のアイシャドウでグラデーションをつくります。
まつ毛の生え際を埋めていくようにアイラインを引きます。目尻はほんの少し長めに。
ナチュラルに仕上げたい方はダーク系のアイシャドウでラインを引きましょう。
目のフレームがキレイにみえるので印象的な目もとに仕上ります。
まつ毛の根元をマスカラでしっかり仕上げると、より目もとが引きしまるので効果的です。

20180914_rmk_0187

 

最後にチーク、リップです。
チークは肌なじみの良いものを選び、にこっと笑った時に盛り上がる所から頬骨に沿って入れ、なじませます。ブラシに残ったチークカラーで周りをぼかします。
口もとには、グロスやパール系の薄い仕上がりのものではなく、なじみの良いリップがおすすめですよ。

20180914_rmk_0195

 

いかがでしたか?
簡単なテクニックで、ナチュラル&立体感のある仕上りがつくれますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

メイク以外では、膝元に白いハンカチを広げるとレフ版がわりになり、肌が明るくキレイになります。
証明写真を撮られる際は試してみてはいかがでしょうか。

 

和田アーティストのイベントスケジュールはこちら>>

At

2018.11.08

4色アイシャドウで1週間アレンジ

アイシャドウといえば、いくつかのカラーがセットになったパレットをお使いの方は多いかと思います。
相性のいいカラーの組み合わせで便利なパレットですが、毎日同じパターンになってしまう、捨て色があるなどのお悩みもよくお聞きします。

 

今回は、RMKの4色パレット「RMK ザ ベーシック4アイズ」を使用した1週間のアイメイクパターンをご紹介します。
四季をイメージした4種のカラーラインナップの中から、使用するのは01 スプリングブロッサムです。

 

A02_2

 

Day1

Aを目の際に、Bをアイホールに、Cをハイライトとして眉骨までのせたグラデーションパターン。
セパレートカール マスカラ N 01 ブラックで引きしめれば、オフィス仕様のキレイめメイクに。

20180914_rmk_1_0114

 

Day2

Bを目の際に、Cをアイホールに、Dを眉骨までのせたソフトなトーンのグラデーションアイ。
まつ毛は優しい雰囲気のマットマスカラ N 02 ブラウンで仕上げてデート仕様に。

20180914_rmk_2_0127

 

Day3

A+DのレイヤーにCのピンクニュアンスを添え、
まつ毛はWカラーマスカラ 03 ブルーバイオレットを上下に効かせた、遊び心のある女子会メイク。

_20180914_rmk_3_0133

 

Day4

Cを目尻にポンとラフにのせ、ヘルシーで自然な血色感のある目もとに。
マットマスカラ N 01 ブラックでさりげなく引きしめた、ワークアウトにおすすめのミニマムパターン。

20180914_rmk_4_0137

 

Day5

A+C+Dのレイヤーでつくった奥行きのあるやわらかなニュアンスと、
インジーニアス ウォータープルーフ ペンシルアイライナー 03 ディープブラウンでぼかしながらまつ毛の密度を濃く見せた絶妙なバランスで、洗練された印象に。

20180914_rmk_5_0151

 

Day6

Bをアイホールに、その上にDを重ねたレイヤーパターン。
インジーニアス リクイドアイライナー EX 04 メタリックローズのアクセントを添えれば、ショッピングにぴったりなおしゃれな雰囲気に。

20180914_rmk_6_0155

 

Day7

Bをアイホールに入れるだけのシンプルなパターン。
マットマスカラ N 04 バーガンディで仕上げた抜け感のある目もとは、愛犬のお散歩など、ご近所仕様のオフメイクに。

20180914_rmk_7_0162

 

 

透明感にこだわったからこそ、単色やレイヤー、グラデーションなど多彩な使い方を楽しむことができるパレットです。
シチュエーションや気分に合わせて、毎日のメイクを楽しんでください。

 

 

佐々木 理アーティストのイベントスケジュールはこちら>>

At5102

2018.11.01

グレーのアイライナーでアイメイクを遊ぶ!

今回は、グレーのペンシルアイライナーの活用術をご紹介します。

A02

ブラックやブラウンのアイライナーは持っていても、グレーを持っているという人はあまりいないのではないでしょうか。
実は、グレーのアイライナーはメイクの幅がぐんと広がる便利なアイテム。
その理由は、1本あれば何通りものカラーラインが楽しめるから!

 

やり方は簡単。まずは目の際にグレーのラインをひきます。

20180914_rmk_0004

20180914_rmk_0006

これだけでも目力は出るのに、ほどよく抜け感のある仕上がりになりますよね。
ブラックだと印象が強すぎてしまう人にもおすすめです。
(使用アイテム:RMK インジーニアス ウォータープルーフ ペンシルアイライナー 02)

 

次に、このグレーのラインの上に好きなカラーのアイシャドウを重ねるだけ。
グレーはブラックと違って抜け感があるからこそ、その上からアイシャドウを重ねると絶妙に色づき、カラーラインへと変化していくのです。

 

 

例えばグリーンを重ねると...

Photo_3

20180914_rmk_0011

20180914_rmk_0015

カーキのカラーライナーをひいたようにオシャレでモダンな印象に。
(使用アイテム:RMK インジーニアス パウダーアイズ N 11)

 

 

続いて、パープルを重ねると...

Photo_4

20180914_rmk_0040

20180914_rmk_0045

深みのあるパープルに変化し、上品で女性らしい印象に。
(使用アイテム:RMK インジーニアス パウダーアイズ N 12)

 

いかがでしょうか?
ベースにグレーの深みがある事でシックなニュアンスになり、ラインだけが浮くこともありません。
どんなカラーを重ねてもきれいに仕上がりますよ。
気軽にカラーラインを取り入れて、目もとの色遊びを楽しんでくださいね。

 

 

堀 布昌アーティストのイベントスケジュールはこちら>>

At

2018.10.25

オイルリッチなスティックで目もとにうるおいを!

季節が変わり、やっと夏の暑さや強い紫外線から解放された肌。
よく見ると何となく肌にハリがなかったり、うるおい不足に見えたりしませんか?
特に目のまわりは皮脂腺が少なく、バリア機能も低いので、季節による乾燥ダメージを受けやすいといわれています。
乾燥によるメイクのりの悪さや、崩れやすさに悩む事もあるのではないでしょうか。
そんな時のお助けアイテムが、このスティック状美容オイル!

 

0000000006642_qbabdfu

インスタント トリートメントスティック」は、普段のアイケアにはもちろん、お直しでも大活躍です!

 

目のまわりのかさつきのほか、小鼻、ほうれい線にたまったファンデーションのムラに一塗りしてなじませるだけ。

18_9_14_atblog_1020180914_rmk_021_4

 

オリーブオイルやスイートアーモンドオイルなどの美容オイルのリッチなうるおいが角質層にまで浸透し、肌表面をととのえ、スキンケア後のようなツヤのある潤んだ肌に。

18_9_14_atblog_1020180914_rmk_0217

 

ピンクの隠しパールは、くすみやクマをカバーするだけでなく、ハイライトゾーン使えば、濡れたようなツヤを与えて明るさをプラスします!

18_9_14_atblog_1020180914_rmk_0229

目もとは顔の中でも一番注目されるパーツです。
さっと一塗りの簡単ケアで、いつでも潤んだ目もとを手に入れてみましょう!

 

 

後藤 祥子アーティストのイベントスケジュールはこちら>>

At

2018.10.18

ハロウィンメイクもトレンドカラーで!

朝晩肌寒くなり、秋の深まりを感じるようになってきました。
10/31(水)はハロウィンです。街中でもハロウィンのディスプレイを目にする事が多くなってきましたよね。

 

本格的な仮装とまではいかなくても、いつもとはちょっと違う自分でイベントを楽しみたいという方は多いのではないでしょうか?
今回はRMKのアイテムを使った、ハロウィンにおすすめのメイクをご紹介します。
トレンドのカラーメイクでいつもの自分との変化を楽しみましょう!

 

【パターン1】

20180914_rmk_0250_3

①パープルニュアンスのアイシャドウにカラーマスカラを組み合わせて印象的な目もとに。
ポイントはアイシャドウをのせる範囲です。眉下までアイシャドウの質感をつなげていくようにつけましょう。

②ブラシに残ったアイシャドウで目の下からハイライトゾーンにかけて広めに質感をプラスすると、パープルニュアンスが肌の透明感をアップしてくれます。

③チークとリップはベージュ系で肌なじみよく仕上げましょう。

 

<使用アイテム>

■EYES
インジーニアス クリーム&パウダー アイズ 03
Wカラーマスカラ 03
インジーニアス ウォータープルーフ ペンシルアイライナー 01

■CHEEKS
インジーニアス パウダーチークス N 04

■LIPS
カラークレヨン 01
リップジェリーグロス 03

 

 

【パターン2】

20180914_rmk_0299_2

洋服や髪型にもこだわったら、メイクもバランスをあわせてトータルコーディネートしましょう。
全部が派手にならないように、メイクは同系色のカラーを使ってまとめるのがポイント。
ワントーンでまとめる分、色をのせる範囲を普段より広く、大胆にスマッジさせましょう!

①アイシャドウ、チーク、リップと1本で3役をこなすマルチクレヨンを、アイシャドウとチークを繋げるように広範囲に入れます。まぶたにも広めに色をのせてみてください。肌に溶け込むような発色のクレヨンなら、大胆にいれても浮かないので大丈夫です!

②アイブロウとリップも深みのある赤系でトーンをそろえれば完成です。

 

<使用アイテム>

■EYEBLOW
Wアイブロウカラーズ 04

■EYES
インジーニアス ウォータープルーフ ペンシルアイライナー 01
マットマスカラ N 01

■EYES/CHEEKS
マルチクレヨン 04

■LIPS
カラークレヨン 06
リップジェリーグロス 11

 

いかがでしたか?
いつも使っているアイテムでも色をのせる範囲を変えるとイメージがガラッと変わります。
そんなメイクの楽しみを発見できるのも仮装やイベントの良いところですよね。
トレンドカラーを大胆に取り入れたメイクでハロウィンイベントを思いっきり楽しんでください!!

20180914_rmk_0364_12

 

横内 雄太アーティストのイベントスケジュールはこちら>>

Rmk

2018.10.04

秋冬ベースメイクのトレンド

今年の秋冬の肌づくりは、艶っぽすぎずマットすぎず、うるおいに満ちたセミマット肌がトレンドです。
程よいツヤを与えつつ、透明感あふれる仕上がりがメイクを引き立てます。
ファンデーション選びも大切ですが、美しい肌づくりの秘訣はファンデ―ション前の仕込にあります。
今回は、RMKのアイテムで旬な肌に仕上がるステップをお伝えします!

 

 

①お好みの下地をつけた後に、コントロールカラーを使って肌色を補正。

20180914_rmk_0023

A02

ベーシック コントロールカラー N 01」を使用し、内側から濡れたような光沢感をあたえます。パールの光拡散効果で、色ムラや肌のアラを目立たなくさせ、素肌っぽいのに適度にカバーされた明るい肌に。顔全体にはもちろん、光を集めたいパーツに部分的に使用することもできます。

 

 

②コンシーラーを使って、よりリアルな立体肌に。

20180914_rmk_0051_2

ファンデーションをつける前に少し明るいコンシーラーを目の周り、鼻筋、あご先にオン。ハイライト効果で自然な立体感のある仕上がりに。
ファンデーションは厚塗りにならないように、コンシーラーを塗っていない部分にだけつけて、境目を指でなじませてぼかします。

 

 

③最後に「シルクフィット フェイスパウダー」を重ねれば、ファンデーションの仕上がりを損なわずシルクのヴェールをまとったような上質な肌に。

20180914_rmk_0095_4

A02_2

 

 

いかに厚塗り感なく仕上げられるかどうかが旬顔をつくる為のポイントです。ナチュラルなのに手抜きに見えない肌を目指しましょう。

20180914_rmk_0087_5

洋服を着替えるように、肌もシチュエーションや気分で着替えて、メイクをもっと楽しんでくださいね。