2018.03.01

春のフォーマルメイクアップ

これからのシーズン、卒業式や入学式、入社式など、さまざまなイベントが盛りだくさん。

普段とは異なる、あらたまった席でのメイクに悩まれる方も多いはず!

今回は、フォーマルなシーンで役立つメイクをご紹介します。

 

ポイントは、メリハリのあるメイク感と、健康的にみえる事。

 

まず、顔の印象が変わりやすいアイメイクは、派手にし過ぎるのも、ナチュラルにし過ぎるのもおすすめできません。

ブラウン系が基本ですが、肌になじみすぎるカラーはメイクをしている感じが出にくく、薄いメイクになりがちです。

 0301_4

おすすめは赤みをおびたボルドーカラーの「カラーパフォーマンス アイズ 04」。

目もとに血色をあたえて上品な印象に仕上がるボルドーは、旬な顔になれるチャレンジしやすいカラーでフォーマルメイクだけではなくさまざまなシーンで役立ちます。

キラキラとしたラメ感が強いアイシャドウはフォーマルシーンでは浮いてしまうので、透明感がでる控えめで繊細なパール感のアイシャドウを選びましょう。

質感も上品さを引き出すポイントになります。

17_12_18_rmk_0383

アイシャドウのつけ方は、目の際が濃くまぶた全体にかけて薄くなるようにグラデーションをつくります。

際を濃くすることで目もとが引きしまり、メリハリ感がでます。

アイライナーやマスカラをプラスするとより目もとの印象をはっきりさせる事ができます。

17_12_18_rmk_0385
リップでは、血色感と輪郭をはっきりとることがポイント。

肌なじみが良く、明るいピンクベージュなどの「桜色系」がおすすめです。

リップラインを引くと口もとが引きしまり、きちんとした印象に。

グロスでツヤをプラスするとさらに立体感と華やかさのある仕上がりになります。

 

最後のチークはほんのりと顔色が良くなる程度におさえるのがポイント!

チークのつけすぎは禁物です。

アイメイクのメリハリ感とリップの血色感をみながらバランスを取るのがカギ。

全てのパーツを強調しすぎると、メイクが派手、濃い、古い印象になってしまいます。

 17_12_18_rmk_0407

フォーマルなシーンでは、清潔感や上品さを演出し、会う人を不愉快にさせないその場に相応しいメイクをすることがマナーに繋がります。

今回のメイクアップも参考にしてみてください。

 

 

また、各地でメイクアップレッスンも行っていますので、メイクで悩んでいる方、化粧品の見直しや自分に合ったメイク方法を知りたい方には良いきっかけになると思います。

みなさまのご参加を店頭でお待ちしております!

 

近田 正孝アーティストのスケジュールはこちら>

 

Rmk

2018.02.22

豊富なカラーバリエーション!人気のネイルポリッシュ

まだまだ寒い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか?

 

メイク業界では春のコレクションが出揃い、見るだけでも楽しくなるアイテムが並んでいます。

春素材の洋服を着るには少し早いような気がしますが、メイクアイテムから春を先取りして気分だけでも軽やかな気持ちになるのはいかがでしょうか?

 

今回はそんな中でも更に手軽でおしゃれ感も出せるネイルをご紹介します。

乾きが早く、モードでバリエーション豊かな色が揃うRMKのネイル。単色塗りも素敵ですが、気分にあわせてネイルアートにもチャレンジしてみませんか。

 

0222_2_08

スモーキーなダークカラーとシルバーラメで滲むような水彩画ネイル

0222_2_05

透ける質感の大人っぽいカラーで先端に向けて濃くしていくグラデフレンチ風ネイル

0222_2_09

ブルー系のマーブルネイルとラインストーンの様にシルバーラメをあしらったサロン風ネイル

0222_2_04

ブラシの幅を利用してダークカラーで縦のラインをランダムに入れ、ラメでさらに爪の縦幅を強調した美爪風ネイル

0222_2_06

上のデザインの応用編。同じアートでもカラーを変えるだけで雰囲気を変えることが出来るのもネイルの魅力です。

どれもテクニックいらずで簡単にできるデザインばかりなので、皆さんもこの春はセルフネイルにトライして一足早い春を先取りしてみて下さいね!

 

今井 智章アーティストのスケジュールはこちら>

 

Rmk

2018.02.15

ちょっとひと手間、うるおう化粧直し

この季節、外の冷たい空気と室内の暖房によって、肌はうるおいが奪われて乾燥しがちです。

 

「ベースメイクが朝の仕上がりはいいけど、だんだん乾燥して浮いてくるような感じがする…」

そんな時の対処方法をお伝えします。

使用するのは、ハーブミストWトリートメントオイル

A02_2_2

A02_1_5


まず、ハーブミストをシュッとふきかけます。

手のひらにオイルを1・2滴とり、まだ水分が残っている肌に重ね、

包み込むように優しくおさえます。

0215_02

肌が程よくしっとりとしたら、パウダーファンデーションなどでおさえ、小鼻など気になる部分の色味をととのえます。

 

このステップをプラスしてみると化粧直しがよりきれいに仕上がりますので、ぜひお試しくださいね!

 

 

中山 恵美アーティストのスケジュールはこちら>

 

Rmk

2018.02.08

うるつやアイの作り方

ナチュラルなツヤ肌、グロッシーなリップなど、ツヤ感メイクが人気ですよね。

今回は誰でも簡単にできる、ピュアで色っぽ可愛い「うるつやアイ」のご紹介です。

使用アイテムは2つ。 ①グロースティック ②インジーニアス パウダーアイズ N 24 グロースティックは、立体感と内側から輝くような絶妙なツヤ感をメイクの上からピンポイントでプラスできるアイテム。

乾燥によるメイク崩れが気になる人にもうれしい保湿成分入りです。

発売以来人気のアイテムで、よくインスタなどでもアップしていただいています。

インジーニアス パウダーアイズ N 24は濡れたようなツヤとパールが上品なきらめきをまぶたにあたえて、グロッシーな目もとを演出します。

インジーニアス パウダーアイズ N 19もおすすめです。

まず、グロースティックを指に取り、まぶた全体になじませます。

これだけでも、まぶたにナチュラルなツヤが出て、透明感がアップします。

17_12_18_rmk_0196_2


次にインジーニアス パウダーアイズ N 24をアイシャドウブラシで、まぶた中央から全体にグロースティックをつけたところに重ねていきます。

17_12_18_rmk_0201_2


グロースティックのみずみずしい質感に、インジーニアス パウダーアイズ Nのツヤ&キラが重なり合うことで より透明感がアップして、ピュアで色っぽ可愛い印象に仕上がります。 下まぶたにも同様に重ねて出来上がりです。

17_12_18_rmk_0246_2


また、この2つを重ねる事でよりまぶたにフィットして、二重のラインなどのヨレを抑え、メイク持ちもアップします。 人気のツヤ感メイクを試したい。メイクしたいけどカラーものは得意じゃない。さりげなく目もとを印象的に見せたい。そんな方はぜひ、このメイクをお試しください。 久木元 剛史 アーティストのスケジュールはこちら>>

Rmk

2018.02.01

ロンドンのメイクトレンド

先日、S/S 2018 Collection “CHIC LIGHT SPRING”のPRイベントのため、ロンドンに行ってきました。

海外に行く際はその国のメイクトレンドをチェックしているのですが、今回訪れたロンドンではパーフェクトスキンにミニマムメイクが流行っていました。

 

パーフェクトスキンとは・・・ナチュラルなのにきちんと作りこまれたベースメイクです。

ファンデーションをつけていないようで実はシェーディングやハイライトで立体感をきちんと作っている方が数多くいらっしゃいました。世界的にもトレンドのコントゥアメイクですね!

メリハリをしっかり出しながらもナチュラルに仕上がるベースメイクはRMKも得意で、スーパーベーシック コンシーラーパクトベーシック コントロールカラー 01は現地でとても人気がありました。

0201_01_20201_02

ミニマムメイクとは・・・ポイントとなる部分を最小限におさえ、自分のもっている素材を活かしたメイクです。

ロンドンでは、色の強さはあまり出さずに透明感のあるポイントメイクが流行っていました。

S/S 2018 Collectionは、軽やかなテクスチャーや透明感のある商品が多いことから、現地のトレンドにマッチして、ローカルの方に大変ご好評いただきました。

 

そして、今後のトレンドとして見逃せないのが『グロッシーな質感』。

しっかりパールの入ったハイライトを使っている方が多く、グロスもリップジェリーグロス 011のようなメタリックでグロッシーなものがとても人気でした。0201_03日本でも渡辺直美さんが紹介していましたね。

最近はSNSの普及などにより、世界のトレンドと日本のトレンドがほとんど変わらないことを実感しました。

 

 

今回の仕事では、1日オフの日があったので観光もしました。

無料の美術館や博物館が多く、気軽に歴史や芸術に触れることができます。

0201_04_2

街中には歴史的な建造物がたくさん残されており、それらが最先端のファッションやアートと融合している様子はとても刺激的でした。

0201_07_3

 

西村 彰修アーティストのスケジュールはこちら>>  

 

Rmk




2018.01.25

「COLOR CLOSET」RMK×GROWING PAINS

先日、伊勢丹新宿店にて"GROWING PAINS"とのコラボレーションイベントを行いました。

0125_1

 

GROWING PAINSとは、マドモアゼル・ユリアさんがデザイナーを務めるアパレルブランドで、今最も注目されているブランドの一つです。

RMKは昨年開催されたAmazon Fashion Week TOKYO 2018 Spring/Summerでコレクションのバックステージ(メイク)を担当。今回は2度目のコラボレーションになります。

 

イベントではRMKの店頭をGROWING PAINSのディスプレイで飾り、とっても華やかな雰囲気に。スタッフもGROWING PAINSの服を着て、一体感のあるイベントになりました。

0125_2

 

私はRMKの2018年春夏コレクション”CHIC LIGHT SPRING”を使ってお客様のファッションにあわせたメイクの提案をさせていただきました。

お客様が春のメイクに着替え、喜ばれる姿を見て、一緒に楽しませてもらいました。

 

 

そして伊勢丹新宿店でのコラボレーションイベント第2弾になるのですが、 1/31(水)〜2/14(水)に本館2階=センターパーク/TOKYO解放区にてLIMITED STOREをオープンします。

GROWING PAINS 2018年春夏コレクション先行発売と限定アイテムの販売、アイテムにマッチするメイクアドバイスのほか、先日のイベントでご好評いただいたコラボミラーなど様々な特典もご用意しております。

0125_3

 

2/2(金)にはマドモアゼル・ユリアさんによるトークショーを開催。

詳しくはこちらをご覧ください。

COLOR CLOSET【RMK × GROWING PAINS トークショー】伊勢丹新宿店 

メイクとファッション、2つのブランドが融合した世界観をぜひ体験してくださいね。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

上荒磯 秀俊アーティストのスケジュールはこちら>>  

 

Aat

2018.01.18

「無理なく顔を引き締める!簡単ナチュラルシェーディング&ハイライト」

 

いつものメイクにちょっとアレンジを加えるだけで小顔に見えたら嬉しいですよね!

今回は、小顔度がグッとアップするテクニックをご紹介したいと思います。

 

ポイントはアイテム選びとつける位置のみ!

簡単に引き締まった印象の顔を演出できますよ。

 

0118_01

 

まずは「シェーディング」。 顔に影をつけ、引き締めましょう。

おすすめアイテムは、インジーニアス パウダーチークス N 11。

Cheek_11

ノンパールで肌より暗めのベージュブラウンが自然な立体感を演出します。

つけ方は、髪の生え際 → 頬骨 → フェイスラインの順に、数字の「3」 を描くようにブラシをくるくると回しながら動かすだけ。

何度かブラシを大きく3の字に動かすだけで、徐々に骨格が浮き出てきて顔が引き締まった印象に。

 

0118_02

 

次に「ハイライト」。 さらに立体感をプラスしましょう!

おすすめアイテムは、グロースティック

Rmk

繊細なパールがふんだんに入ったものを使うことで、光を集め、ハイライト感がアップします。

頬骨の一番高いところに光をプラスするだけで、自然な立体感がでてきます。

 

0118_03

 

いかがですか?ちょっとした簡単テクニックで小顔効果抜群です!

今日のメイクに是非プラスしてみて下さい。

 

後藤 祥子アーティストのスケジュールはこちら>>  

Aat_2

2018.01.11

「Wウォーターアイズ カラーインク」全カラーご紹介!

RMK S/S 2018 Collection “CHIC LIGHT SPRING”はもうチェックしていただけましたか。

今回はコレクションのキーアイテムでもある、「Wウォーターアイズ カラーインク」のカラーをご紹介します。

 

みずみずしいリキッドアイシャドウは水彩画みたいに軽く透けるような仕上がり!

マットとパールがセットになっていて、単色使いはもちろん、マットとパールの質感のグラデーションも楽しめます。

他のカラーと組みあわせて自分だけのオリジナルの仕上がりも作れちゃいます。

 

0111_1_5

    見ているだけで心がはずむ全10種

それでは早速全カラー見ていきましょう。 

まずはクリエイブディレクター KAORIおすすめのフレンチカラー。

日本人にピッタリな女性らしく繊細なカラーです。

0111_2_9

01 ストーミーグレー

誰にでも似あうパープル。

0111_3_2

02 フレンチモーヴ

クールで印象的なまなざしに。

 

0111_4_2

03 バイオレット

柔らかい知的カラー。

 

続いて、肌なじみがよく、デイリーに使いやすいベーシックカラー。

パールカラーは、アイシャドウベースとしてもおすすめ!
0111_5

04 ポエムピンク

コントロールカラーのように優しく目もとに明るさをプラス。

 

0111_6

05 シナモンブラウン

ほんのりの陰影感が出せるブラウン。

 

次は、色を楽しみながらシックな目もとを演出するカラー。

0111_7_2

06 ダスティローズ

華やかな印象に。甘くなりすぎない大人ピンク。

0111_8_2

07 スパイシーイエロー

★広告使用色

トレンドのイエローカラーは使いやすさ抜群。

少し赤みがかったパールを重ねることで、ぐっとおしゃれな仕上がりに。

 

最後は、春の大人っぽいグリーン&カーキカラー。

0111_9

08 オリーブ

カジュアルでヘルシーな目もとに。

 

0111_10

09 ピスタチオブラック

シルバーパールが光る深みのカーキ。

 

0111_11_2

10 コージーブラック

純銀の輝きがきれいなカラー。マットはアイライナーとしても使いやすいライトブラック。

 

気になるカラーはありましたか?

メイクアップレッスンでは、お似あいのカラーをご提案いたします。

1月は新色発売を記念してイベントも多く開催しますので、

是非気軽にメイクアップレッスンに参加してみてください。

お待ちしております!

 

藤井 絢子アーティストのスケジュールはこちら>>  

At

2017.12.25

【Beauty Tips】同じカラーアイテムで3パターンのメイクアップ

同じアイテムの組みあわせでも、ポイントの見せ方で雰囲気を変えることができます。
今回は、次のアイテムを使って3つのメイクパターンをご紹介します。

<使用アイテム>
・アイズ インジーニアス Wパウダーアイズ 04
・チーク インジーニアス パウダーチークス N 02
・リップ イレジスティブル ブライトリップ 02

Rmk_items_2
まずは口もとをポイントにすることで凛とした女性らしさを感じるメイクに。
口もとの仕上がりをいかすために、目もと・眉はラインをととのえシンプルに仕上げにします。
丁寧なラインがリップメイクの仕上がりを引き立たせます。

Rmk_makeup1_2

次はチークにポイントをおいたメイクです。
全体を丸みを帯びたグラデーションに仕上げます。やさしいニュアンスがチークを引き立てます。

Rmk_makeup2

最後は目もとがポイントのメイクです。
目のキワの引きしめがポイント、キワをしめることでアイカラーのグラデーションを強調します。
眉・チーク・リップは透明感を重視して繊細な仕上げにしていくことで、強めのアイメイクでも
スタイリッシュでオシャレにすることができます。

Rmk_makeup3

いつものカラーも、ポイントをしぼったメイクで表情を変化させてみてください!
新しい発見があるかもしれませんよ。



上荒磯秀俊アーティストのスケジュールはこちら>>

Kamiaraisoat

2017.12.14

【Beauty Tips】赤リップメイクをカジュアルに見せる方法

赤リップにポイントを置いたカジュアルなメイクは、引き続き人気がありますよね。

このメイクはまず肌をできるだけ軽やかに見せることが大切です。
ファンデーションを全体に塗るのではなく、トラブルがあるところだけ塗っていくようなイメージで。
おすすめはカジュアルな抜け肌をつくる3Dフィニッシュヌード

ポイントメイクは、赤リップから塗っていきましょう。
そうするとtoo muchにならずにバランスのよいメイクに仕上がります。
リップをまずつけ、それにあう濃さでアイメイク、眉を仕上げ、最後にチークでバランスをととのえるのがベスト!

アイシャドウ、チークは、色が濃く出るものよりも、できるだけシアーで透明感が高いものを選びましょう。
しっとりしたパウダーのもの、クリームやリキッド系のものを使えば、テクニックがなくても簡単に質感メイクを楽しめます。

Rmk_makeup 
(使用アイテム)
3Dフィニッシュヌード F103/P01
インジーニアス クリーム&パウダー アイズ 02
クリーミィ シアー パウダーチークス 02
Wアイブロウカラーズ 02
マットマスカラ N 02
イレジスティブル ブライトリップス 01
※リップは、リップクレヨン 06もおすすめです。

Rmk_items

より詳しく知りたい方はぜひメイクアップレッスンにお越しください!
お客様一人ひとりにあわせてアドバイスさせていただきます!



金子達也アーティストのスケジュールはこちら>>

Kanekotat