« 2018年5月 | メイン | 2018年7月 »

2018年6月の記事

2018.06.28

「みずみずしい透明感をミストでキープ」

最近、朝の仕上がりはいいのにメイクのもちがよくない、
メイクを直してもきれいにのらない…
そんなお悩みはないですか?

 

これからの時期は気温が上がり、汗やべたつきが気になりますが、室内はエアコンの影響で乾燥しやすくなっています。
実は肌の水分がどんどん失われていくことが原因でメイクのノリや、もちが悪くなってしまうのです。

 

そんな時は、どこでも手軽に保湿が出来る「グローミスト」をおすすめします!


Pre_img03

メイクの仕上げにシュシュッと吹きかけると、しっかりとメイクが密着してもちがアップしますし、
日中のメイク直しの際にも活用していただけます。

 

メイク直しに使うときは、
まずティッシュでTゾーンの汗や皮脂をおさえます。
目線より少し上の方からグローミストを吹きかけ、お顔全体にふわっとうるおいを与えます。18_4_9_rmk1916

 

手のひらでハンドプレスしてなじませてから、パウダーでお直しをするときれいに仕上がりますよ。18_4_9_rmk1939 

こまめに水分補給をしていくことで、長時間きれいな状態をキープできますし、すっきりとした香りで気分もリフレッシュできるので、ぜひお試しくださいね!

 

全国のメイクアップイベントはこちら>>

 

RMK MAKE UP ARTIST 中山 恵美Rmk

2018.06.21

夏のベースメイク、ちょいテクで毛穴をカバー!

どの世代でも肌の悩みといえば必ず聞こえてくるのが毛穴。

今回は、崩れにくく、毛穴を自然にカバーして肌色もととのえるテクニックをご紹介します。
毛穴が気になる方は必見です!!

 

18_4_9_rmk1324_2

まず「スムージングスティック」をスポンジの角にとります。
小鼻周り等、細かい所につけやすくなります。

 18_4_9_rmk1286

毛穴の気になる部分に、軽くすべらせるようにつけていきます。
スムージングスティックが肌にピタッとフィットして、溶け込むようになじむので、
毛穴の凹凸をナチュラルにカバーします。
下地の段階でのちょっとしたひと手間が、きれいに仕上げるためのポイントです。
スムージングスティックはメイク崩れが気になる所に使える部分用下地なので化粧持ちもUPしますよ。

 

さらに毛穴だけでなく、赤みなどの色ムラもカバーしたい。
という方はコンシーラーのブラシ使いがおすすめです。

18_4_9_rmk1307_2

使用するのは、「スーパーベーシック コンシーラーパクト」と「ファンデーションブラシ N」。
コンシーラーをファンデーションブラシでつけると、
しっかりカバーしているのにナチュラルに仕上がります。
2色セットになっているので、自分の肌色に合わせて思い通りの色がつくれますよ。

 18_4_9_rmk1291

ファンデーションブラシで赤みがある部分に軽く触れるようにコンシーラーをつけていきます。
スーパーベーシック コンシーラーパクトはカバー力があるので、少量で赤みをカバーできます。
ブラシを使うと、テクニックに自信のない方でもオートマチックに絶妙な量をつけられるので、
さりげないカバーでなめらかな肌が簡単につくれます。

 

 

気温が上がると、より毛穴の開きが気になりませんか?
今の時期に使えるテクニックなので、ぜひお試しください。

 

 

全国のメイクアップイベントはこちら>>

 

RMK MAKE UP ARTIST 中水 康博At

2018.06.14

『カラークレヨン全色紹介&アレンジ術』

やわらかなタッチで唇に溶け込み、トレンドのカジュアルマットな仕上がりを簡単に作れる「カラークレヨン」。
今回はこのカラークレヨン全6色をご紹介します。

リップラインをきれいに引いたり、じんわりとナチュラルに仕上げたりアレンジは自由自在。
身軽に出かけたいこれからの季節に、コンパクトでメイク直しにも便利なカラークレヨンはぴったり。
新しいカラーにもチャレンジして、気分を変えてお出掛けしましょう!

 

<まずは温かみのある肌色にふわっと馴染むベーシックカラー>

18_4_9_rmk1411_7

大人の女性に使って欲しい洗練されたベージュ(01)

18_4_9_rmk1458_4

カジュアルでヘルシーなコーラル(02)

 

<色味をのせて顔色をワントーン上げたい方はこちら>

18_4_9_rmk1479_2

甘すぎない大人ピンク(03)

18_4_9_rmk1488_2

日本人にピッタリなデイリーに使えるレッド(04)

 

<リップを主役にしたおしゃれで旬な表情をつくるならこちら>

18_4_9_rmk1509_3

華やかな表情に仕上がるローズ(05)

18_4_9_rmk1581_2

果実のような深みのあるモードカラー、フィグ(06)

  

<おすすめのアレンジパターンもご紹介します!>
18_4_9_rmk1633_2

01 ベージュと04 レッドの2色を使ったグラデーションリップです。
01で軽くラインを取り内側に指でポンポンとぼかした後、中央に04をつけなじませます。
ふんわりにじむようなナチュラルなグラデーションが作れます。

 

18_4_9_rmk1677_2

06 フィグでリップラインを取ります。
その上からリップジェリーグロス 11 ワンダーブルーを唇の中央に重ねると、
透明感と立体感のあるリップが完成。

今回ご紹介した以外にも、一人一人に合わせたリップメイクの提案を店頭でさせていただきますので、
お気に入りのカラーを探しに遊びに来てくださいね!

全国のメイクアップイベントはこちら>>

 

RMK MAKE UP ARTIST 後藤 祥子At_2

2018.06.07

『夏のスキンケア、キーワードは”角質ケア&クールダウン”』

いよいよ夏が近づいてきましたね!
皮脂のテカリ、毛穴のつまり、角質のざらつき、乾燥…夏の肌は何かとトラブルを抱えがち。
しっかりケアをしていても、何となくメイクのりが悪いなと感じる方も少なくないはず。
今回は、そんな夏肌にピッタリなスキンケアをご紹介したいと思います!

 

 

皮脂過剰による毛穴のつまりや、古い角質によるざらつきが気になる時のお助けアイテムが「ジェルスクラブ」。
大きさの異なるスクラブが、毛穴の汚れや古い角質をとりのぞき、なめらかな肌に導きます。そしてジェルパックの効果で、肌にうるおいをあたえます。
特に皮脂腺の多い鼻周辺は、丁寧にマッサージをして汚れを取り去りましょう。この後に使うスキンケアが角質層へ浸透しやすくなりますよ。

0000000000793_3Photo_2

 

 

次は2つのジェルアイテムで保湿&クールダウンを。
夏は様々な要因で肌表面の温度が高くなりがちです。
皮膚温が高くなることで、毛穴が広がり皮脂過剰になったり、水分が蒸発してドライになったりしやすくなります。
皮膚の温度を下げてあげるケアは実はとても大切なのです。

「スキンチューナー クーリングジェル」は、プルンとしたジェルがさらさらな液体に変化する面白いテクスチャー。
冷たさを保ったまま肌に広がり、肌をクールダウンします。
すーっと肌になじんでうるおいを角質層にまで届け、みずみずしい肌に。

0000000005633_2Photo_3

 

 

 

続いてパック効果で、うるおいのヴェールを作ります。
手で顔を包み込み、「リフレッシングジェル」をゆっくりと角質層に浸透させていきます。
うるおいのマスク効果で、眠っている間も肌にうるおいをあたえ続け、翌朝にはプルンとしたなめらか素肌に!00000000008235


Photo_4

 

 

ジェルの効果で夏の肌をクリア&クールダウンし、メイクをもっと楽しみましょう! 
ぜひお試しくださいね。