« TOKYO GIRLS COLLECTION 2018 S/S レポート | メイン | 『ちょこっとおでかけ時短メイク』 »

2018.04.05

アイラッシュカーラーテクニック

朝、しっかりとまつ毛を上げても時間が経つと下がってしまう。

目頭、目尻のまつ毛がいつも上がらない。

まつ毛に関してこんな不満を感じている方は多いのではないでしょうか。

 

まつ毛をカールする時に、肘を上げ、アイラッシュカーラーを上に動かしていませんか?

まつ毛を上げようとすると、ついついアイラッシュカーラーを上に動かしてしまいますが、実は効果が半減している場合があります。

 

手首を使い上に動かすことで、アイラッシュカーラーと目もとの丸みがずれてしまい、きれいにカールアップすることが難しくなります。

そうすると目頭や目尻のまつ毛が上がりにくくなり、時間が経ってまつ毛が下がる原因にもなります。

 

 

今回は意外と知らないアイラッシュカーラーの使い方についてご紹介したいと思います。

 

ポイントは2つ。

 

①アイラッシュカーラーのフレームの端を目頭、目尻に合わせ、まつ毛の根もとをしっかり挟みましょう。

 

0329_01

 

この時、手鏡を顔の下に持ってきて、覗きこむように鏡を見るとまつ毛の根もと部分が見えやすくなります。

見えにくい場合は、まつ毛をしっかり挟んだら、お顔は動かさないように意識し、鏡を正面に持ってきても大丈夫です。

 

また、ドレッサーなど固定された鏡でメイクをされる方は、顎を上げ、お顔の角度を変えて鏡を見ると、根もとが見えて挟みやすくなります。

しっかり根もとからまつ毛をカールアップすると、目もとを自然に強調することができます。

 

 

 

②アイラッシュカーラーを下に動かし、中間、毛先と細かくカールアップしていく。

0329_0203


アイラッシュカーラーの丸みと、目もとの丸みを合わせた状態で、少しずつ下にずらしながらカールアップしていくのがポイント!!

 

 

まつ毛の根もと、中間、毛先と段階を踏んで細かくアイラッシュカーラーをかけると、力を入れなくても目もとにあったナチュラルで立体感のあるカールに仕上がります。

0322_04

 

アイラッシュカーラーを上ではなく、下にずらしながらカールアップするって意外ですよね。

ぜひ、明日からのメイクの参考にしてみて下さい。

 

 

まつ毛は毛流れの作り方により、切れ長で大人っぽい目もとに仕上げたり、丸みを出してぱっちりとした印象に見せたりと、アイメイクの表情に変化をつける事が出来ます。

メイクアップレッスンでは、実際に体験することができますので、気軽にご参加下さい。

お待ちしております!

 

全国のメイクアップイベントはこちら>>

 

RMK MAKE UP ARTIST 横内 雄太Rmk_2

カテゴリ
プロフィール

RMK ARTIST

RMKのメイクアップアーティストから
最新情報をお届けしております。

RMK OFFICIAL SITE

AOYAMAEVENTARTIST