« 星空グロスで奥行ときらめきをプラス | メイン | 春ビューラーで、まつ毛も運気も上げよう! »

2018.03.15

ファンデーションブラシの特長&使用方法

最近はファンデーションをブラシでつけることが当たり前になってきましたね。

今回はRMK ファンデーションブラシ Nの特長や使用方法をご紹介します。

まだ使用したことがない人、持っているけど上手に使いこなせていない人は必見ですよ。

まずはブラシを正面から見てみましょう。

0315_0101

平筆タイプのブラシはファンデーションを面で塗り、肌をしっかりとカバーできるのが特長です。

 

では次に横から見てみましょう。

0315_0202_2

少し丸みがあり、指先のようなユニークな形ですね。この丸みを帯びた形がポイントで、顔のカーブに面白いほどフィットしてくれるのです。さらに、すじムラも防ぐことができます。

丸みを帯びたブラシを使用してもすじムラができてしまう方は、ファンデーションの取り方が雑だったり、量が多かったりしていませんか?

続いてファンデーションの取り方を見てみましょう

0315_0303

ファンデーションを手の平に出したら混ぜずに適量をブラシに含ませて下さい。

0315_0404

取る量は写真のようにブラシの先端にほんのわずかです。この量で片方の頬全体に塗っていきます。

これくらいの量だとムラのないきれいなベースメイクに仕上がります。

 

 

最後はみなさんが一番気になるファンデーションのつけ方です。ブラシの形を最大限に活かした使用方法が3つあります。

 

①基本的な使い方

0315_05_3

肌に対し、ブラシを少し立ててブラシの側面の丸みを顔のカーブにあわせて中心から外側に向かって動かします。

 

②毛穴カバー

0315_06_3

ブラシの面を毛穴の気になる部分にタッピングするようにつけると、凹凸をカバーして肌表面がとてもなめらかになります。

③小鼻など細かい部分

0315_07_3

ブラシの先端を使用し小鼻に上下につけてください。赤みやくすみも簡単にカバー出来ます。

いかがでしたか?

ファンデーションブラシの特長を活かしてきれいなベースづくりにトライしてみてください。

 

西村 彰修アーティストのスケジュールはこちら>

 

Rmk