« 2017年11月 | メイン | 2018年1月 »

2017年12月の記事

2017.12.25

【Beauty Tips】同じカラーアイテムで3パターンのメイクアップ

同じアイテムの組みあわせでも、ポイントの見せ方で雰囲気を変えることができます。
今回は、次のアイテムを使って3つのメイクパターンをご紹介します。

<使用アイテム>
・アイズ インジーニアス Wパウダーアイズ 04
・チーク インジーニアス パウダーチークス N 02
・リップ イレジスティブル ブライトリップ 02

Rmk_items_2
まずは口もとをポイントにすることで凛とした女性らしさを感じるメイクに。
口もとの仕上がりをいかすために、目もと・眉はラインをととのえシンプルに仕上げにします。
丁寧なラインがリップメイクの仕上がりを引き立たせます。

Rmk_makeup1_2

次はチークにポイントをおいたメイクです。
全体を丸みを帯びたグラデーションに仕上げます。やさしいニュアンスがチークを引き立てます。

Rmk_makeup2

最後は目もとがポイントのメイクです。
目のキワの引きしめがポイント、キワをしめることでアイカラーのグラデーションを強調します。
眉・チーク・リップは透明感を重視して繊細な仕上げにしていくことで、強めのアイメイクでも
スタイリッシュでオシャレにすることができます。

Rmk_makeup3

いつものカラーも、ポイントをしぼったメイクで表情を変化させてみてください!
新しい発見があるかもしれませんよ。



上荒磯秀俊アーティストのスケジュールはこちら>>

Kamiaraisoat

2017.12.14

【Beauty Tips】赤リップメイクをカジュアルに見せる方法

赤リップにポイントを置いたカジュアルなメイクは、引き続き人気がありますよね。

このメイクはまず肌をできるだけ軽やかに見せることが大切です。
ファンデーションを全体に塗るのではなく、トラブルがあるところだけ塗っていくようなイメージで。
おすすめはカジュアルな抜け肌をつくる3Dフィニッシュヌード

ポイントメイクは、赤リップから塗っていきましょう。
そうするとtoo muchにならずにバランスのよいメイクに仕上がります。
リップをまずつけ、それにあう濃さでアイメイク、眉を仕上げ、最後にチークでバランスをととのえるのがベスト!

アイシャドウ、チークは、色が濃く出るものよりも、できるだけシアーで透明感が高いものを選びましょう。
しっとりしたパウダーのもの、クリームやリキッド系のものを使えば、テクニックがなくても簡単に質感メイクを楽しめます。

Rmk_makeup 
(使用アイテム)
3Dフィニッシュヌード F103/P01
インジーニアス クリーム&パウダー アイズ 02
クリーミィ シアー パウダーチークス 02
Wアイブロウカラーズ 02
マットマスカラ N 02
イレジスティブル ブライトリップス 01
※リップは、リップクレヨン 06もおすすめです。

Rmk_items

より詳しく知りたい方はぜひメイクアップレッスンにお越しください!
お客様一人ひとりにあわせてアドバイスさせていただきます!



金子達也アーティストのスケジュールはこちら>>

Kanekotat

2017.12.07

【Beauty Tips】自然に顔色を良くみせる

肌を美しく仕上げる。その主役はベースメイクですが、ポイントメイクの色選びや
メイクバランスで、より肌の血色や透明感を引き出すことができます。

ポイントは色味のコーディネート。肌の色味に近いオレンジ~コーラル系をセレクトするのが基本ですが、
自分の肌色よりも少し赤みの効いたカラーを使用するのがオススメです。

アイブロウカラーも合わせることで、自然に血色感をアップし顔色の明るさだけではなく、
さりげないおしゃれ感もプラスすることができます。

Rmk_makeup
(使用アイテム)
カラーパフォーマンス アイズ 02
Wアイブロウカラーズ 04
インジーニアス パウダーチークス N 14
イレジスティブル グローリップス 03

Rmk_items_2 

寒くなるこの季節、顔色がダウンしやすくなりますので、
血色感をアップさせる赤みの効いたオレンジ~コーラル系コーデをとりいれてみてください。



金子真二アーティストのスケジュールはこちら>>

Kanekosat