« 【Beauty Tips】LIPバリエーション | メイン | 【Beauty Tips】自然に目もとを強調したメイク »

2017.11.24

【Beauty Tips】ブラシを清潔に保つ3つのプロセス

せっかく高いブラシを買っても、洗い方やお手入れ方法ひとつでブラシを傷めてしまいがち。
そこで、ちょっとしたワンポイントアドバイス。


①日ごろのお手入れ
まずは毎回使用後にきちんとブラシからパウダーをはらいましょう。
この時ティッシュに対してブラシを垂直にあててこすっていませんか?
これではパウダーはブラシの奥に入ってしまい毛先が広がりやすくなります。
また、毛先が切れてブラシの肌あたりが悪くなることも。

テーブルの角にティッシュを置きそこにブラシを振りおろすようにあてると、
簡単に効率よくブラシからパウダーを取り除けます。
この時、ティッシュが汚れたら少しずつずらして位置を変えるようにしてくださいね。

1



②洗い方
ブラシを洗ってから毛が抜けやすくなった経験はありませんか?
ブラシ本体を水につけてしまうと、根元の糊が溶けてしまい、抜け毛が出やすくなります。
洗う時は、ブラシの根元に水が浸み込みすぎないように気をつけましょう。

170706rmk37910_2

③乾かし方
せっかく洗ったブラシが臭くなったり、コシが無くなったりしたことはありませんか?
乾かすときは、、タオルやキッチンペーパーなどで根元の方からしっかりと水気を取ってブラシの形を整えます。
ブラシの毛先が下向きになるように乾かして、根元に水が入り込むのを防ぎましょう。
次に表面がある程度乾いたら、一度ブラシをほぐし中までしっかりと自然乾燥させましょう。

2

汚れたブラシは、肌荒れや肌トラブルの原因になることもあります。
ブラシを清潔に保つことで、使い心地も良くハッピーな気分でメイクすることができます。
是非試してみてくださいね。



小林徹アーティストのスケジュールはこちら>>

Kobayashiat_2