« 【Beauty Tips】EYEバリエーション:アイシャドウ② | メイン | 【Beauty Tips】CHEEKバリエーション:チーク② »

2017.10.26

【Beauty Tips】CHEEKバリエーション:チーク①

チークは入れる位置や色によってイメージが大きく変わります。
それだけではなく、立体感を出して小顔にしたりメイクのバランスを整えたりと色々な効果が得られる重要なアイテム。

メイクアップレッスンを行っていると、チークの入れる位置や色の選び方を教えてほしいとよく言われます。
それを踏まえ、今回はチークのバリエーションについてご紹介しようと思います。


<<基本的なナチュラルチークの入れ方>>

170706rmk37344_2
(使用アイテム:インジーニアス パウダーチークス N 05)

Rmk_n_05_4 笑うと高くなる所を中心に頬骨に沿ってこめかみに向かって消えるように入れます。
よくぼかし、なじませるのがポイント。
お風呂あがりの自然に蒸気した頬をイメージするとよいでしょう。
色は肌の色にもよりますが、コーラル系がなじみやすいです。


<<ピュアでかわいいチークの入れ方>>

170706rmk37360_2
(使用アイテム:インジーニアス パウダーチークス N 03)

Rmk_n_03_3 笑うと高くなる所に丸く、円の中心から外側に薄くなるようにふんわりと入れます。
赤ちゃんのほっぺをイメージしてください。
色はにごりのない淡いピンクがおすすめです。


チークの色は肌色によって選び方がかわるので、今回使用したアイテムはほんの一例です。
わからない時は遠慮なくスタッフに聞いてくださいね。
メイクアップレッスンでも、もちろんアドバイスいたします。

次回も引き続き、チークのバリエーションをご紹介しますのでお楽しみに。



藤村淳アーティストのスケジュールはこちら>>

Fujimuraat