« 化粧くずれ対策 Part③「夕方のくすみ肌対策」 | メイン | アーティストおすすめメイクパターン ~2017 AW COLLECTION~ »

2017.07.27

【Beauty Tips】ラメアイシャドウでつくるベーシックエレガントアイ

ラメアイシャドウが難しいと思っている方は多いのではないでしょうか。

「派手になるのが嫌」、「ラメが目の下に落ちる」、などの声は私もよく耳にしますが、
ラメを上手に取り入れれば、目もとをよりつややかで華やかに見せる事ができます。

今回はラメが大きめで純銀パールが入った
インジーニアス パウダーアイズ N 16 (メタリックピンク) を使用し、
ラメシャドウの使い方を2パターンご紹介いたします。

N16metalicpink<パターン1>
単色のアイシャドウをアイホールまで自然な陰影でつけます。
今回はインジーニアス パウダーアイズ N 12 (パープル)を使用していますが、何色でもOKです。

次に、目を閉じた状態でひとみの上にあたる、アイホールの中央に指でポンっとラメを置いてみてください。
大きめのラメはブラシよりも指でつけた方が、フィット感が増して落ちにくく、きれいな輝きを出してくれます。

中央にラメをのせただけでも、輝きがアクセントになり、立体的で女性らしい印象に仕上がります。

Rmk_kamiaraiso01

 

<パターン2>
パターン1と同様に単色アイシャドウをつけたら、アイホール全体にラメを重ねてみてください。
単色アイシャドウの色がラメでなじみ、より自然で透明感のある目もとに。

さらにブラシで磨くようにぼかすと、ラメや細かいパールがまぶたになじみ、エレガントな印象に仕上がります。

Rmk_kamiaraiso02

 

簡単なテクニックではありますが、ラメアイシャドウを使用することで、
よりメイク感がはっきりし、印象的なまなざしをつくることができます。

ラメアイシャドウは多くのシーンで活躍しますので、ぜひいろいろなアイシャドウと組みあわせて、
アイメイクを遊んでみてください。



上荒磯アーティストのスケジュールはこちら>>

Kamiaraiso

カテゴリ
プロフィール

RMK ARTIST

RMKのメイクアップアーティストから
最新情報をお届けしております。

RMK OFFICIAL SITE

AOYAMAEVENTARTIST