« 2017年4月 | メイン | 2017年6月 »

2017年5月の記事

2017.05.29

美的7月号掲載「旬顔 旬色 旬テクニック!」“薄膜ツヤファンデで夏の日差しに映えるつるんと美肌!”

こんにちは、アーティストの和田です。

先日発売された、美的7月号の撮影に行ってきました。
誌面では、夏の日差しに映えるベースメイクをご紹介しています。

これからの季節、気になるのは紫外線ですよね。
UVカットを意識するあまり、厚ぼったいベースメイクになっていませんか。

ロングラスティングUVUVリクイドファンデーションなら、紫外線から肌を
守りつつ、素肌を生かした軽やかで透明感のある肌がかないます。

カラーアイテムは肌が主役になるように、肌なじみがよいものを使用しました。
自然な血色とツヤ感で、ミニマムに仕上げるのがポイントです。
とても簡単に仕上がるので、おすすめですよ。

肌づくりもイメージや季節にあわせる事で、いつもと違った雰囲気を楽しめます。
夏の日差しに映える、フレッシュなツヤ肌をぜひおためしくださいね。

Bitekiwada1

和田アーティストのスケジュールはこちら>>

Rmkaoyama_wada

2017.05.25

【Beauty Tips】カラーアイブロウの遊び方① 赤いウエットな眉

トレンド感を演出するのに欠かせない眉。
メイクに合わせて眉の形やカラーをデザインすると、驚くほどメイクがきまります。

今回ご紹介するのは、若々しさや女性らしさを引き出してくれる「赤いウエットな眉」。

赤眉は、ナチュラルメイクのアクセントにして今っぽさをだしたり、くすみが気になる時に血色感をアップさせたりと、様々なメイクに馴染むので覚えておくと便利なメイクアップです。

その日の気分やなりたい自分に合わせてカラーアイブロウで遊んでみましょう。

まず最初に、パウダーアイブロウ Nを使って形を整えます。
今回は、アーチ型を意識して描き、女性らしい印象に仕上げていきます。

Powdereyebrow_1

イメージ通りに描けたら、レッドブラウンのWアイブロウカラーズ 04を使って眉をカラーチェンジしていきます。

Weyebrowcolors_04_2

Weyebrow_yokouchi_2

この時、マスカラブラシは毛を立ち上げるように下から上に向かって動かすのがポイント。
立ち上げた毛の隙間で立体的な眉になり、「抜け感」のある仕上がりになるんです。

デザインした毛流れは、ホールド力の高いこのマスカラが長時間キープしてくれます。

最後は眉に質感の変化を。
Wアイブロウカラーズのライナーは、水墨画のような淡い発色のリキッドタイプ。
眉の隙間を少し埋めるだけで、パウダーアイブロウで描いたマットな質感をみずみずしく変化させてくれます。

Weyebrow_yokouchi_1

赤色にチェンジするだけではなく、ツヤのあるみずみずしい質感を加えることで若々しく女性らしい印象になりました。

Weyebrow_yokouchi_3

このように眉は「色」と「質感」がポイント。
イメージをガラッと変えることができるので是非トライしてみてください。

次回はカラーアイブロウの遊び方「マット肌にふわっと眉」をお届けします。
今回とはまた印象が変わった仕上がりを、お楽しみに!


横内アーティストのスケジュールはこちら>>

Yokouchi_2