« 2016年9月 | メイン | 2016年11月 »

2016年10月の記事

2016.10.27

【Beauty Tips】失敗しないアイライナーの引き方

みなさまこんにちは。アーティストの佐々木です。

目力アップの救世主といえばアイライナー。
しかし、忙しい朝は失敗できない一発勝負...格闘してお悩みの方も多いのではないでしょうか?

今回は失敗しないアイライナーの引き方をご紹介します。
ポイントは至ってシンプルです!

Rmk_eyeline1

ラインを引く時、手もとがブレないように手や小指を頬骨に添えて固定します。
机に肘をついてメイクするとスムーズなラインが引けるのでおすすめです。

Rmk_eyeline2
次に、左手でまぶたの皮膚を引き上げます。
皮膚がピーンと張り、ラインのガタつきが驚くほどなくなります。

線がガタガタになる方は、マークシートを塗りつぶすように点と点をつなぐイメージで進めていくといいでしょう。

Rmk_eyeline3
目尻のハネ上げは、目尻側の皮膚を斜め上に引き上げて描くか、スーッと手の力を抜いて描くと簡単です。

Rmk_eyeline4

Rmk_eyeline5


アイライナー選びもポイントです。

Rmk_eyeliner


インジーニアス ウォータープルーフ ペンシルアイライナーはスルスルとスムーズに描けて、ぼかしチップとシャープナーが内蔵されているとても便利で優秀なアイライナーです。
インサイドラインに使用してもにじみにくいので、撮影で私達アーティストもよく使っています。

Rmk_liquideyeliner_2


カラーラインを楽しみたい方は、インジーニアス リクイドアイライナー EXもおすすめ。
細くコシのある筆なので、慣れていない方でも簡単にお使いいただけます。思うままのデザインが引けるので、遊びを効かせたラインメイクが楽しめますよ!

毎日のメイクに、アイライナーを取り入れてみてくださいね!


佐々木アーティストのスケジュールはこちら>>

Rmk_sasaki

2016.10.06

【Beauty Tips】-ボディケア-思わず触れたくなるうるもち肌に

皆さんこんにちは。アーティストの後藤です。

肌寒い季節になってきましたね。
ふとデコルテや腕に目を向けたとき、乾燥やくすみを感じることはありませんか。

露出する腕や脚、「第二の顔」と呼ばれているデコルテ、女性の魅力を引き立ててくれる大切なパーツなのに、夏の紫外線の影響を受けやすく乾燥しがち。
特にデコルテは目もとや口もとと同じくらい皮膚が薄いので、顔と同じくらいのケアが必要なんです。

Rmk_body



そこでおススメしたいのが、ボディミルク <LC>

Rmk_bodymilk

 
素早く肌にとけこみ、一瞬でうるおいのツヤを生み出してくれます。

何となく後回しにしてしまいがちなボディケアですが、すぐ手の届く所に置いてお出かけ前や気付いた時にひと塗り。スーッとなじみ、さらさらのテクスチャーなので肌心地も抜群。ポンプタイプなので「ながらケア」がしやすいんです。
ほんのりと肌残りするレモンシトラスの香りが気分をとても癒してくれます。


更にしっとりさせたい時は、ボディクリーム <LC>で包み込むと、長時間うるおいをキープして思わず触れたくなる肌に仕上がります。
お風呂上りには軽くマッサージしながらつけると血流アップにもなり、翌朝もっちり肌に。
<2016年10月7日(金)新発売>

Rmk_bodycream

 
もっと輝きをプラスしたい方はグロースティックを使用するのがお薦めです。

Rmk_glowstick

 首すじや腕のラインにグロースティックを直接塗り、手で馴染ませていきます。
ベージュピンクのパールが肌に輝きを与え、フレッシュスキンを演出できます。

Rmk_body2

洋服から覗くお肌にツヤやハリがあれば、ファッションも決まりますよね!
是非、ツヤツヤうるもち肌のBODYメイクをお試しください!



後藤アーティストのスケジュールはこちら>>

Rmk_goto

カテゴリ
プロフィール

RMK ARTIST

RMKのメイクアップアーティストから
最新情報をお届けしております。

RMK OFFICIAL SITE

AOYAMAEVENTARTIST