« 2016年8月 | メイン | 2016年10月 »

2016年9月の記事

2016.09.28

TOKYO GIRLS COLLECTION 2016 AW

みなさんこんにちは。アーティストの金子達也です。

先日さいたまスーパーアリーナで開催された東京ガールズコレクションのバックステージに、RMKアーティスト4人で参加してきました。

Rmk_tgc_stage01

Rmk_tgc_stage02


今回は、秋冬のファッションに合わせたメイクのトレンドをご紹介します。
2016年秋冬は、デコラティブ(装飾的)なファッションが増えているようです。
遊び心のある着こなしをする時には、メイクはあえてシンプルに、色みを抑えるのがオススメです。

立体感のあるナチュラルなマット肌、
素肌感のあるグロウな質感のアイやチーク、
きれいにグルーミングされたナチュラルな眉
で、“ミニマムメイク”をつくるのがトレンドになってきています。

何と言っても、シンプルなメイクで大事なのが骨格を引き立てるベースづくり。
ただの薄いメイクだとすっぴんのような子供っぽさが出てしまうので、コンシーラーでハイライトを効かせ、メリハリのあるベースを作るのがお薦めです。

濃淡2色をブレンドしながらその人にあったハイライトが作れるスーパーベーシック コンシーラーパクトは、私達アーティストが立体感を作るときに欠かせないアイテムです。

Rmk_concealer


そしてもうひとつのポイントは、骨格に沿って きれいかつ抜けのある眉をつくること。
眉は、濃すぎても眉だけ浮いてしまいますし、薄すぎても顔にメリハリがなくなってしまいます。
それには、眉毛の毛流れをデザインできるWアイブロウカラーズがオススメ。自分の骨格に合わせて毛流れを整えていきましょう。

Rmk_eyeblow



ぜひお試し下さい!

金子達也アーティストのスケジュールはこちら>>

Rmk_kanekot

2016.09.26

美的11月号掲載「トップアーティスト発 THE Next TREND」“肌作りも原点回復。正しいベースメイクは重ねる程透明感が増す”

こんにちは、アーティストの金子真二です。

いよいよ秋本番という季節になってきましたね。

先日、美的11月号「トップアーティスト発 THE Next TREND」の撮影を行いました。
クローズアップしているのはベースメイク。

毛穴ケアや、ベーシック コントロールカラー を使った透明感あるベース作りのテクニックなども紹介しています。

この秋はちょっとひと手間加えたベース作りにトライしてみて下さい!

Rmkbiteki_11

金子真二アーティストのスケジュールはこちら>>

2016.09.13

【Beauty Tips】ベースメイクを秋冬の質感にチェンジ

こんにちは、アーティストの金子真二です。
秋冬シーズンに向けて欠かせないベースメイク、みなさんお試しになりましたか?

秋冬はポイントメイクがシックになるので、肌まで作り込むと重い印象になりがちです。
春夏に引き続き素肌感のある仕上がりにして、気品のある質感をプラスすればぐっと秋冬メイクが引き立ちます。
今回は、ほんの少しのテクニックで、ベースメイクを秋冬の質感にチェンジする方法をご紹介します。

使うのはトランスルーセント フェイスパウダーチークブラシ
普段なら、フェイスパウダーブラシやパフで仕上げるフェイスパウダーを、チークブラシで仕上げるだけ!

Rmk_powder1_3

Rmk_powder2_3
チークブラシで仕上げることで、パウダーがきめ細かくしっかりとフィットし、陶器のようになめらかなハーフマット肌に。
マットなのに艶やかさを感じさせる仕上がりはチークブラシのなせるワザ!!

Rmk_finish1_2

Rmk_finish2_3


肌の質感を変化させることで、メイクのボリューム感も変わります。
秋冬のコーディネートにあった落ち着いた肌質になりますよ。
是非お試しください!

金子真二アーティストのスケジュールはこちら>>

Rmk_kanekoshinji