2017.06.20

【Beauty Tips】うるんだ目もとにみせる方法

今回は夏の日差しに映える、うるみ目メイクをご紹介します。

①マットなマスカラで瞳のうるみを強調

瞳にはもともと濡れたようなうるみがありますよね。
そのうるみを引き立たせるため、 まつげをしっかりカールアップします。
そして、マットマスカラ 01を使い、あえてマットな質感で瞳を囲むと、うるみが強調されます。

Rmk_imai_1


②ホワイトのラインを入れる

インジーニアス ウォータープルーフ アイライナー 04で、目の下のキワにホワイトのアイラインを入れます。
白目が広がって見え、目もとの赤みやくすみ感がやわらぎ、 ピュアで明るい目もとに。

Rmk_imai_2



③涙袋にツヤを仕込んでふっくらと

グロースティックを涙袋になじませます。
パッチリとした目の丸みを引き出し、ベージュピンクのやわらかいツヤが優しいうるみ感を演出します。

Rmk_imai_3


日差しが強い季節こそ、光を味方につけた 「うるみ目メイク」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

Rmk_imai_4



今井アーティストのスケジュールはこちら>>

Imai

2017.06.15

【Beauty Tips】カラーアイブロウの遊び方③ アイブロウライナーでつくる90年代風眉

主役ではないようで、実はとても印象がかわるアイブロウ。
シリーズで紹介してきた「カラーアイブロウの遊び方」もついに最終回です。
今回はアイブロウライナーでつくる90年代風眉をご紹介します。

まずは、Wアイブロウカラーズのマスカラで眉頭から眉尻へ流すようにコーミングします。
毛の流れにそうことで、細めにシェイプされたすっきりとした眉の形にととのいます。

Rmk_sasaki_01


次に、ライナーで地眉をいかしながら自然なアーチ状に仕上げていきます。
1本1本毛を足すように隙間を埋め、眉尻はシャープに描きましょう。

Rmk_sasaki_02


これで女性らしさをアップしてくれる、清楚で洗練された90年代風の眉が完成です。

Rmk_sasaki_03

時代とともにトレンドも変わりますが、最近は少しずつ細眉もリバイバルしてきているようです。
ファッションや気分に合わせてアイブロウも変えてみませんか。
きっと新しいメイクの発見があると思いますよ。


佐々木アーティストのスケジュールはこちら>>

Sasaki

2017.06.05

【Beauty Tips】 カラーアイブロウの遊び方② マット肌にふわっと眉

カラーアイブロウシリーズ2回目は、マット肌にあうふわっとした眉のつくり方をご紹介します。

まず、Wアイブロウカラーズ 01のマスカラを、 眉毛1本1本をコーティングするようにつけていきます。
毛先を逆立てるようにブラシを動かすのがポイントです。(WアイブロウカラーズはどのカラーでもOK)

Rmkkobayashi_01


マスカラがしっかりと乾いたら、スクリューブラシで左右に数回ブラッシングします。
マスカラのコーティングに細かいキズが入り、ふわっとした質感に。

Rmkkobayashi_02


最後になりたいイメージにあわせて毛の流れをととのえたら出来上がり。
簡単に、カラーリングしたようなふわっと優しい眉の完成です。

Rmkkobayashi_03


これからの季節、明るくパウダリーな眉が涼しげなマット肌にピッタリですよ。
是非、試してみてください。

次回はカラーアイブロウの遊び方の最終回、「アイブロウライナーでつくる90年代風眉」をお届けします。


小林アーティストのスケジュールはこちら>>

Kobayashi

2017.05.29

美的7月号掲載「旬顔 旬色 旬テクニック!」“薄膜ツヤファンデで夏の日差しに映えるつるんと美肌!”

こんにちは、アーティストの和田です。

先日発売された、美的7月号の撮影に行ってきました。
誌面では、夏の日差しに映えるベースメイクをご紹介しています。

これからの季節、気になるのは紫外線ですよね。
UVカットを意識するあまり、厚ぼったいベースメイクになっていませんか。

ロングラスティングUVUVリクイドファンデーションなら、紫外線から肌を
守りつつ、素肌を生かした軽やかで透明感のある肌がかないます。

カラーアイテムは肌が主役になるように、肌なじみがよいものを使用しました。
自然な血色とツヤ感で、ミニマムに仕上げるのがポイントです。
とても簡単に仕上がるので、おすすめですよ。

肌づくりもイメージや季節にあわせる事で、いつもと違った雰囲気を楽しめます。
夏の日差しに映える、フレッシュなツヤ肌をぜひおためしくださいね。

Bitekiwada1

和田アーティストのスケジュールはこちら>>

Rmkaoyama_wada

2017.05.25

【Beauty Tips】カラーアイブロウの遊び方① 赤いウエットな眉

トレンド感を演出するのに欠かせない眉。
メイクに合わせて眉の形やカラーをデザインすると、驚くほどメイクがきまります。

今回ご紹介するのは、若々しさや女性らしさを引き出してくれる「赤いウエットな眉」。

赤眉は、ナチュラルメイクのアクセントにして今っぽさをだしたり、くすみが気になる時に血色感をアップさせたりと、様々なメイクに馴染むので覚えておくと便利なメイクアップです。

その日の気分やなりたい自分に合わせてカラーアイブロウで遊んでみましょう。

まず最初に、パウダーアイブロウ Nを使って形を整えます。
今回は、アーチ型を意識して描き、女性らしい印象に仕上げていきます。

Powdereyebrow_1

イメージ通りに描けたら、レッドブラウンのWアイブロウカラーズ 04を使って眉をカラーチェンジしていきます。

Weyebrowcolors_04_2

Weyebrow_yokouchi_2

この時、マスカラブラシは毛を立ち上げるように下から上に向かって動かすのがポイント。
立ち上げた毛の隙間で立体的な眉になり、「抜け感」のある仕上がりになるんです。

デザインした毛流れは、ホールド力の高いこのマスカラが長時間キープしてくれます。

最後は眉に質感の変化を。
Wアイブロウカラーズのライナーは、水墨画のような淡い発色のリキッドタイプ。
眉の隙間を少し埋めるだけで、パウダーアイブロウで描いたマットな質感をみずみずしく変化させてくれます。

Weyebrow_yokouchi_1

赤色にチェンジするだけではなく、ツヤのあるみずみずしい質感を加えることで若々しく女性らしい印象になりました。

Weyebrow_yokouchi_3

このように眉は「色」と「質感」がポイント。
イメージをガラッと変えることができるので是非トライしてみてください。

次回はカラーアイブロウの遊び方「マット肌にふわっと眉」をお届けします。
今回とはまた印象が変わった仕上がりを、お楽しみに!


横内アーティストのスケジュールはこちら>>

Yokouchi_2

2017.05.16

【Beauty Tips】カジュアルソリッド ファンデーションで誰でも簡単に作れる立体ベース[応用編]

明るい色と肌色の2色のベースカラーで優しい陰影を作り、立体感を引き出すベースメイクをご紹介いたします。

0csfd


顔色を明るくしたい方や小顔にみせたい方におすすめです。


まず最初に、肌色よりワントーン明るいファンデーションを目周りにつけていきます。

1casualchikada
目周りの色ムラやくすみをカバーすると、目元が明るくなり顔立ちが美しく見えます。
前回のブログでご紹介したような軽いタッチで、(まぶた) (目の下) (ほほ骨の高い場所)、と目を囲むように広範囲につけていきましょう。
続いてTゾーンにもつけて、ハイライト効果をアップさせていきます。


次に、 肌色に近い色のファンデーションを、先ほどつけた場所以外につけていきます。
1色目と2色目の境目を丁寧になじませるのがポイントです。

2casualchikada_2




肌に明暗をつけることで立体感のあるベースに仕上げることができました。
目もとが明るくなりすっきりとした印象に。

3casualchikada


カジュアルソリッド ファンデーションのみずみずしい質感でつくるからこそ、重たさを感じさせないフレッシュで自然な陰影をつくることができます。
小顔づくりにもさりげないトレンド感をプラスして、是非この夏挑戦してみてくださいね!


近田アーティストのスケジュールはこちら>>

Chikada



2017.05.11

【Beauty Tips】フレッシュなツヤ肌を叶えるカジュアルソリッド ファンデーション

今回はフレッシュ肌が楽しめるカジュアルソリッド ファンデーションのつけ方【基本編】をご紹介します。

0casual_solid_foundation_a102b01_3

このファンデーションの最大の特徴は、みずみずしいツヤ、軽い付け心地、いきいきとした美肌が簡単につくれることです。
肌色のベースカラーにシルバーやゴールドのパールカラーを重ねて、この夏はフレッシュ肌を楽しんでみましょう。

① aベースカラーの付け方

カジュアルソリッド ファンデーションブラシを使います。

1casualsolid_3
ブラシ表面にベースカラーを含ませ、肌に触れるか触れないかぐらいの軽いタッチでタッピングするようにつけていきます。
ブラシに含ませてタッピング、これを何度か繰り返して肌全体にベースカラーをなじませていきましょう。

2casualsolid_2

② bパールカラーの選び方・付け方

◆すっぴん風のメリハリ肌にしたい方
ハイライトゾーン(頬骨の高い位置やTゾーン)に01シルバーパールをブラシで重ねていきます。
シルバーの輝きとツヤをもたらすことで透明感がぐんとアップ。
フレッシュなメリハリ肌が生まれます。

◆ヘルシーで抜け感のある肌にしたい方
肌全体に02ゴールドパールをタッピングして重ねていきます。
ベースカラーとゴールドカラーの重ね技で、ほんのり柔らかな健康的なグロウイングスキンが楽しめます。

ファッションが軽い素材や明るいカラーにシフトしていくこれからの季節、ベースメイクもこのような軽い雰囲気に変えてみてはいかがでしょうか。
カジュアルソリッド ファンデーションは時間もかからず簡単に仕上がりますので私のおすすめです。

次回は応用編をお届けいたします。


和田アーティストのスケジュールはこちら>>

Wada_at

2017.04.27

美的6月号掲載「旬顔 旬色 旬テクニック!」“涼しげブルーで夏のカラーメークをクールに大人っぽく”

先日、美的6月号の撮影に行ってきました。
メイクは4月28日(金)新発売 RMK SUMMER COLLECTION 2017を使用しています。

ここで是非注目して頂きたいのが、ネイルポリッシュ。シックな色味のネイルポリッシュ3色を主役にして、メイクはあえて抜け感のある軽やかな仕上がりにしました。

夏らしい青みネイルに合わせたのは、ネイビーのマットマスカラ。夏をおもいっきり楽しみたい女性におすすめの組み合わせです。是非参考にしてみてください。

RMKネイルポリッシュは、スタイリッシュなパッケージに生まれ変わって全32色発売します。

今年の夏は、ファッションのように指先を着替えて楽しんでみて下さいね!

Biteki6


堀アーティストのスケジュールはこちら>>

Horiat_2

2017.04.13

【Beauty Tips】色々使えるイエローアイシャドウ

お出掛けのシーズン、メイクを変えて気分まで楽しくなるようなアイメイクをご紹介致します。

使用するのは、インジーニアスパウダーアイズN (EX-16ブライトイエロー)。
イエロー系のアイシャドウは私達日本人の肌色になじみやすく、他の色と重ねてもにごらないとても使いやすいカラーです。

Rmk_ingeniouspowdereyesn

まずは簡単に重ねてみましょう。


大きめのブラシ(アイシャドウブラシ B)を使い、まぶた全体に広げて光沢感を出し、フレッシュな目もとをつくります。
この時、色をのせるというよりも磨きあげるイメージでブラシをゆっくり大きく動かす事がポイントです。

Rmk_tips1




他の人と差をつけたい方は、下まぶたにだけイエローをラインで入れてみましょう。
肌なじみのいいイエローなので、さり気ないオシャレな目もとを楽しめます。

Rmk_tips2




目のくすみが気になるときは、大きめのブラシ(アイシャドウブラシ B)で、目の下にひとはけしてみましょう。
簡単に明るさがアップできます!

Rmk_tips3


このように、イエローのアイシャドウを持っていると、簡単に普段のメイクに変化がつけられます。
ぜひこちらのテクニックを参考に、毎日のメイクを楽しんで下さい!


横内アーティストのスケジュールはこちら>>

Rmk_yokouchi

2017.04.06

【Beauty Tips】ポーチに常備したいお直しアイテム

夕方ふと鏡を見たら目の下がお疲れ顔になっていること、ありませんか?
目もとがくすむことでプラス5歳に見えるとも言われているそうです。

今回はそんな方におすすめの「目もとのくすみお直し方法」をご紹介いたします。

お仕事中はお直しの時間があまりないと思いますが、3分あればナチュラルでフレッシュなお顔に戻れます。
「潔く落とし、塗り直す」、これが一番手っ取り早い方法です。


使うのはコットンスティック
片側にクレンジングローションを含ませた2WAYの綿棒。
30本入りで1つずつ切り離す事ができ、携帯にも便利です。

Rmk_cottonstick


クレンジングがついている方のコットンスティックで、目の下をサッとふき取ります。

Rmk_tips1



次に筆ペンタイプのスーパーベーシック リクイドコンシーラーNを、目の下に放射状にのせます。

Rmk_superbasicliquidconcealer

Rmk_tips2

指でトントンとなじませていくと明るさがよみがえり、一瞬でマイナス5歳肌に!

Rmk_tips3
パールの効果でフレッシュな明るさを簡単に出すことができます!



いかがでしたか?
コットンスティックとスーパーベーシックコンシーラー、こちらの2つがポーチに入っているととっても便利です。

是非皆さんのお化粧直しグッズに取り入れてみてくださいね!


佐々木アーティストのスケジュールはこちら>>

Rmk_sasaki_2

プロフィール

RMK ARTIST

RMKのメイクアップアーティストから
最新情報をお届けしております。

AOYAMA BLOG

RMK OFFICIAL SITE

AOYAMAEVENTARTIST