2017.07.27

【Beauty Tips】ラメアイシャドウでつくるベーシックエレガントアイ

ラメアイシャドウが難しいと思っている方は多いのではないでしょうか。

「派手になるのが嫌」、「ラメが目の下に落ちる」、などの声は私もよく耳にしますが、
ラメを上手に取り入れれば、目もとをよりつややかで華やかに見せる事ができます。

今回はラメが大きめで純銀パールが入った
インジーニアス パウダーアイズ N 16 (メタリックピンク) を使用し、
ラメシャドウの使い方を2パターンご紹介いたします。

N16metalicpink<パターン1>
単色のアイシャドウをアイホールまで自然な陰影でつけます。
今回はインジーニアス パウダーアイズ N 12 (パープル)を使用していますが、何色でもOKです。

次に、目を閉じた状態でひとみの上にあたる、アイホールの中央に指でポンっとラメを置いてみてください。
大きめのラメはブラシよりも指でつけた方が、フィット感が増して落ちにくく、きれいな輝きを出してくれます。

中央にラメをのせただけでも、輝きがアクセントになり、立体的で女性らしい印象に仕上がります。

Rmk_kamiaraiso01

 

<パターン2>
パターン1と同様に単色アイシャドウをつけたら、アイホール全体にラメを重ねてみてください。
単色アイシャドウの色がラメでなじみ、より自然で透明感のある目もとに。

さらにブラシで磨くようにぼかすと、ラメや細かいパールがまぶたになじみ、エレガントな印象に仕上がります。

Rmk_kamiaraiso02

 

簡単なテクニックではありますが、ラメアイシャドウを使用することで、
よりメイク感がはっきりし、印象的なまなざしをつくることができます。

ラメアイシャドウは多くのシーンで活躍しますので、ぜひいろいろなアイシャドウと組みあわせて、
アイメイクを遊んでみてください。



上荒磯アーティストのスケジュールはこちら>>

Kamiaraiso

2017.07.20

化粧くずれ対策 Part③「夕方のくすみ肌対策」

化粧直しのときにパウダーファンデーションを重ねると、
厚塗り感や、肌のくすみが逆に目立ってしまう事がありますよね。

軽いお化粧直しなら、ファンデーションを重ねるよりもチークで血色を足して、
健康的なツヤ肌に仕上げるのがおすすめです。

テカリをティッシュなどでさっとおさえたら、
インジーニアス パウダーチークス N 12 (ピンクホワイト)など
偏光パール入りのカラーをハイライトの位置からふんわりとのせます。

自然なツヤ感がプラスされ、顔色も明るくなり美肌効果がアップしますよ。

Rmk_kukimoto01 

ふわっとやわらかい雰囲気に仕上げたい方は、同 04 (ペールピンク)などの
カラーを使用すると、さらっとハーフマットな肌に。

これからの季節、夏らしいフレッシュな印象に仕上げたい方は、
同 13 (ブライトオレンジ)などのオレンジ系をがおすすめです。

化粧直しの頻度が増える季節になってきましたので、
くすみ肌を美肌に見せるお直し方法をぜひお試し下さい。


久木元アーティストのスケジュールはこちら>>

Kukimoto

2017.07.10

化粧くずれ対策 Part②「日中の目もとのお直し」

日中、ふと自分の顔を鏡でみた時に、 「なんだか表情がパッとしない」、「疲れて見えるかも」 と感じるときがありませんか?

そんなときに効果的な化粧なおしのポイントは… 目もと周りをととのえることです!

目もとはエアコンによる乾燥や、スマホ・パソコンによる疲れが出やすい部分。
朝とは違い、表情がやや暗く、くすんで感じてきます。
目の下のクマが出やすいところを中心に、「ツヤ感」と「明るい色」でフォローしましょう。

step1
グロースティックを使って目の下にツヤ感を与えます。
乾燥してくすんで見えてしまう目もとに、パールの質感で透明感がプラスされます。

Rmk_nakayama_01 

step2
スーパーベーシック リクイドコンシーラー Nを使って目の下のクマをカバー。
さらに頬骨の高い所にも広げてなじませる事で、ハイライト効果が目もとをすっきり明るく見せてくれます。  

Rmk_nakayama_02


step3

マスカラをまつ毛の根元にしっかりと重ねれば、化粧なおしの完成です。 

Rmk_nakayama_03 

この3ステップをおさえておくと イキイキとした表情をキープすることができますので
ぜひ参考にしてみてください!



中山アーティストのスケジュールはこちら>>

Nakayama

2017.07.06

化粧くずれ対策 Part①「メイク前のスキンケア」

暑くなるとベタつくからと、朝のスキンケアを軽めにしがちではないですか?
実は、メイク前のスキンケアにこそ、くずれにくいベースづくりのポイントがあります。

水分不足の肌は日中さらに乾燥していきます。
そして乾きを感じた肌は、肌をうるおすために皮脂を過剰に分泌してしまうのです。
これがテカリやベースくずれの原因に。

過剰な皮脂によるベースくずれを防ぐには、メイク前の水分補給が欠かせません!

Rmk_skintuner_2


おすすめの方法は、保湿液をたっぷりと含ませたコットンで、肌にうるおいを与えます。
特に乾燥が気になる部分は多めに、場所によって量を調節するのがコツです。

Rmk_goto


水分でひたひたに満たされた肌は思わず触れたくなるような、自然なツヤ肌になります。
そして触れたときに、手のひらに肌が吸いつく感じがベストコンディション。

くずれにくいだけではなく、仕上がりの印象までアップしますよ。
明日の朝、ぜひたっぷりの保湿液で肌をととのえてみて下さい。


後藤アーティストのスケジュールはこちら>>

Goto

2017.06.30

美的8月号掲載「旬顔 旬色 旬テクニック!」“夏の冒険カラーはまつげで取り入れるとうまく行く!”

こんにちは。アーティストの金子です。

先日発売された、美的8月号の撮影に行ってきました。
今回はWカラーマスカラを取り入れたメイクアップをご紹介しています。

ビビットなカラーも、さりげない引き算やカラーのつけ方でこなれ感が出せ、いきいきとした表情がつくれますよ。

掲載カラー以外にも、まだまだたくさんの色がありますのでお店で試してみてくださいね。

Biteki

 
金子アーティストのスケジュールはこちら>>

Kanekoshinjiat

2017.06.29

【Beauty Tips】ブロンザー使いで手軽に顔を引き締める

ゴールド系のチークをブロンザーとして使うだけで、ガラリと印象がかわります。
おすすめカラーは、カラーパフォーマンスチークス 03

Color_performance_cheeks_03まず、ブラシに3色をブレンドするように色をふくませ、頬骨の下にそってのせていきます。
この時に、外側から内側に向け、スッとブラシを滑らせるのがポイント。
骨格を引き立てスタイリッシュな印象に。

Rmk_yamakawa_01


さらに、パールの質感を際立たせるようにブラシでなじませれば、
日焼けしたような血色感が ヘルシーで立体的な仕上がりを演出します。

Rmk_yamakawa_02


ちょっとした入れ方の変化や質感のニュアンスだけで、
自然な立体感がうまれ、全体が引き締まり、 洗練されたメイクアップになります。

今人気のカラーメイクにブロンザー使いを取り入れるのもおすすめです。
引き算メイクに活用すればヌケ感がでて旬な顔になれますよ。

Rmk_yamakawa_03



是非トライしてみてください。


山川アーティストのスケジュールはこちら>>

Yamakawa

2017.06.20

【Beauty Tips】うるんだ目もとにみせる方法

今回は夏の日差しに映える、うるみ目メイクをご紹介します。

①マットなマスカラで瞳のうるみを強調

瞳にはもともと濡れたようなうるみがありますよね。
そのうるみを引き立たせるため、 まつげをしっかりカールアップします。
そして、マットマスカラ 01を使い、あえてマットな質感で瞳を囲むと、うるみが強調されます。

Rmk_imai_1


②ホワイトのラインを入れる

インジーニアス ウォータープルーフ アイライナー 04で、目の下のキワにホワイトのアイラインを入れます。
白目が広がって見え、目もとの赤みやくすみ感がやわらぎ、 ピュアで明るい目もとに。

Rmk_imai_2



③涙袋にツヤを仕込んでふっくらと

グロースティックを涙袋になじませます。
パッチリとした目の丸みを引き出し、ベージュピンクのやわらかいツヤが優しいうるみ感を演出します。

Rmk_imai_3


日差しが強い季節こそ、光を味方につけた 「うるみ目メイク」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

Rmk_imai_4



今井アーティストのスケジュールはこちら>>

Imai

2017.06.15

【Beauty Tips】カラーアイブロウの遊び方③ アイブロウライナーでつくる90年代風眉

主役ではないようで、実はとても印象がかわるアイブロウ。
シリーズで紹介してきた「カラーアイブロウの遊び方」もついに最終回です。
今回はアイブロウライナーでつくる90年代風眉をご紹介します。

まずは、Wアイブロウカラーズのマスカラで眉頭から眉尻へ流すようにコーミングします。
毛の流れにそうことで、細めにシェイプされたすっきりとした眉の形にととのいます。

Rmk_sasaki_01


次に、ライナーで地眉をいかしながら自然なアーチ状に仕上げていきます。
1本1本毛を足すように隙間を埋め、眉尻はシャープに描きましょう。

Rmk_sasaki_02


これで女性らしさをアップしてくれる、清楚で洗練された90年代風の眉が完成です。

Rmk_sasaki_03

時代とともにトレンドも変わりますが、最近は少しずつ細眉もリバイバルしてきているようです。
ファッションや気分に合わせてアイブロウも変えてみませんか。
きっと新しいメイクの発見があると思いますよ。


佐々木アーティストのスケジュールはこちら>>

Sasaki

2017.06.05

【Beauty Tips】 カラーアイブロウの遊び方② マット肌にふわっと眉

カラーアイブロウシリーズ2回目は、マット肌にあうふわっとした眉のつくり方をご紹介します。

まず、Wアイブロウカラーズ 01のマスカラを、 眉毛1本1本をコーティングするようにつけていきます。
毛先を逆立てるようにブラシを動かすのがポイントです。(WアイブロウカラーズはどのカラーでもOK)

Rmkkobayashi_01


マスカラがしっかりと乾いたら、スクリューブラシで左右に数回ブラッシングします。
マスカラのコーティングに細かいキズが入り、ふわっとした質感に。

Rmkkobayashi_02


最後になりたいイメージにあわせて毛の流れをととのえたら出来上がり。
簡単に、カラーリングしたようなふわっと優しい眉の完成です。

Rmkkobayashi_03


これからの季節、明るくパウダリーな眉が涼しげなマット肌にピッタリですよ。
是非、試してみてください。

次回はカラーアイブロウの遊び方の最終回、「アイブロウライナーでつくる90年代風眉」をお届けします。


小林アーティストのスケジュールはこちら>>

Kobayashi

2017.05.29

美的7月号掲載「旬顔 旬色 旬テクニック!」“薄膜ツヤファンデで夏の日差しに映えるつるんと美肌!”

こんにちは、アーティストの和田です。

先日発売された、美的7月号の撮影に行ってきました。
誌面では、夏の日差しに映えるベースメイクをご紹介しています。

これからの季節、気になるのは紫外線ですよね。
UVカットを意識するあまり、厚ぼったいベースメイクになっていませんか。

ロングラスティングUVUVリクイドファンデーションなら、紫外線から肌を
守りつつ、素肌を生かした軽やかで透明感のある肌がかないます。

カラーアイテムは肌が主役になるように、肌なじみがよいものを使用しました。
自然な血色とツヤ感で、ミニマムに仕上げるのがポイントです。
とても簡単に仕上がるので、おすすめですよ。

肌づくりもイメージや季節にあわせる事で、いつもと違った雰囲気を楽しめます。
夏の日差しに映える、フレッシュなツヤ肌をぜひおためしくださいね。

Bitekiwada1

和田アーティストのスケジュールはこちら>>

Rmkaoyama_wada

プロフィール

RMK ARTIST

RMKのメイクアップアーティストから
最新情報をお届けしております。

AOYAMA BLOG

RMK OFFICIAL SITE

AOYAMAEVENTARTIST