2019.08.15

『OFFスタイルメイクをアップデート!』

休日は好きなファッションを思いっきり楽しんでいるけれど、メイクはいつもと同じになりがち。
ファッションに合わせてメイクもオフスタイルで、遊びを効かせておしゃれにコーディネートしてみませんか。
前回につづき、AW 2019 COLLECTION “STONE BLOSSOM”を使用して、オフスタイルメイクをご紹介します。

 

<使用アイテム>

19_5_10_rmk45983_7

 

【アイシャドウ】
ストーンホイップアイズ 03」を大胆に眉下まで広げます。目の際から指でさっと広げるだけでOK。
1色でも骨格が引き締まり、目もとに深い印象を与えることができます。
ほんのり赤味をおびたオレンジでスタイリッシュな印象に仕上がります。

 

【動画】アイシャドウの塗り方

 

【チーク】
チークは色を主張させるよりも、さりげなくなじませるのが今っぽいです。
ストーンブロッサム ブラッシュ 02」を骨格に合わせて入れ、ほんのりと血色をプラス。
さらに、01をハイライトに使用し光の立体感を。
シアーな発色で肌に溶け込んだように仕上がります。
チークを2色組み合わせることで、より立体感がアップして表情も明るくなります。

 

【リップ】
使用したのは「ストーンブロッサム リップス 05」。
リップは今年のトレンドカラーのテラコッタを合わせるだけで、クールヘルシーな印象に。
カジュアルマットな質感でリップだけでも表情がぐっと引きしまります。

 

【ネイル】
ゴールドの偏光パールが指先を美しく見せるグレー「ネイルポリッシュ EX-24」で指先のおしゃれも忘れずに。
シンプルコーデのファッションと相性がいい、同系色でまとまりのあるメイクが完成です。

 

2nd_2

 

今回は、AWコレクションの中でも発売以来お客様からのお問い合わせが多い「ストーンブロッサム グロージェル」についても少しだけご紹介いたします。

19_5_10_rmk45998_2

グロージェルは、濡れたようなツヤと、カラフルなパールのきらめきが特徴。
やわらかいジェルタイプで、驚くほどみずみずしく透明感のある仕上がりに。
1色はもちろん、アイシャドウの上に重ねて使用することもできる万能アイテムです。

 

【動画】グロージェルのテクスチャーについて

01 プラチナ
上品に輝くパールが立体感を与え、肌の透明感を最大限に引き出します。
色はほとんどつかないので、目もとだけでなく、頬などにも使えます。

 

02 ブラックダイヤモンド
濃密なブラックは3種のパールが目もとに深みをあたえ、ミステリアスな表情を引き出します。
薄くのばせばほんのりとグレイッシュなニュアンスを加えることができるので、手持ちのアイシャドウの印象を変えて楽しむことができます。
気になるアイテムがございましたら、お気軽に店頭でお試しくださいね!

 

 

全国のメイクアップイベントはこちら>>

 

 

RMK MAKE UP ARTIST 和田 晃輔>>

10_at

2019.08.08

『オフィスや仕事で使えるONスタイルメイク』

仕事がある日のメイクは、限られた時間の中でしなければならないので、ワンパターンになってしまいがち。
今回は、AW 2019 COLLECTION “STONE BLOSSOM”を使用したオフィスや仕事で使えるONスタイルのメイクをご紹介します。

19_5_10_rmk45987_2

19_5_10_rmk45552_4

 

【アイシャドウ】
ストーンポップアイズ 07」を直接まぶたにのせて、指でアイホールに軽くなじませるだけ。濃密な発色と輝きで、凛とした印象的な目もとに仕上げます。
ホイップクリームのようなしっとりとしたテクスチャーが肌に溶け込んでピタッとフィットしパウダリーに変化。よれずにメイクしたての美しさをキープします。
下まぶたにつけるときは、ライナーブラシがおすすめ。より引き締まった強さのある眼差しに。

 

【リップ】
凛としたクールな眼差しに合わせて、リップは「ストーンブロッサム リップス 02」を。
ひと塗するだけで、大胆に色づいて濃密で存在感のある唇に。
適度にツヤを抑えたカジュアルマットな質感と、繊細なパールのきらめきが口もとを引き立てます。

 

【チーク】
存在感のある眼差しと唇に仕上げたら、チークは「ストーンブロッサム ブラッシュ 03」で立体感を添えて、よりスタイリッシュな印象に。

 

女性の強さやしなやかさが感じられるクールなメイクの完成です。
どのアイテムも、ひと塗りできれいに発色するので、忙しい朝でも素早くメイクを仕上げることができますよ。
ぜひお試しくださいね。

19_5_10_rmk9001_2

19_5_10_rmk45513_2

 

 

全国のメイクアップイベントはこちら>>

 

 

RMK MAKE UP ARTIST 久木元 剛史>>

09_at_2

2019.07.25

『ファッション×リップ』フェス編

「ファッション×リップ」のコーディネート第4弾は、これからのシーズンにぴったりな、フェスや野外イベントでのおすすめのスタイルです。

 

19_5_10_rmk45363_2

 

ノースリーブのトップスと、エスニック調のサテンパンツにシースルー素材のスカートをレイヤードさせた夏らしいスタイリング。
アップしたヘアスタイルに民族調のアクセサリーを身につければ、都会的なヒッピースタイルの完成です。

 

メイクは少し青みがかったビビットピンク、「リップスティック コンフォート ブライトリッチ 07」を選んで。

A02_7

 

いつもより唇の山を直線的に作って、印象的な口もとに。
目もとは透明感のあるパールをあしらい、下方向にアイラインをひいて優し気な雰囲気を演出。
チークはほんのり血色をあたえて、遊び心とリラックス感漂うメイクが完成。

 

Re19_5_10_rmk45385_2

 

4週に渡ってお届けした「ファッション×リップ」のコーディネートはいかがでしたか。
お出かけが楽しいこの季節、シーンに合わせたリップのコーディネートをぜひ楽しんで下さいね!

 

Re24th_2

 

19_5_10_rmk46059_4

 

 

全国のメイクアップイベントはこちら>>

 

 

RMK MAKE UP ARTIST 横内 雄太>>

16_at_2

2019.07.18

『ファッション×リップ』おしゃれスポットへのおでかけ編

「ファッション×リップのコーディネート」第3弾は、おしゃれな人やお店が集まる最先端の街へのお出かけをイメージ。

 

今回のファッションは、『ネオ東京スタイル』。
メンズの上品なシルクのアロハシャツにテクノな雰囲気のナイロンハットやボディバッグなど流行の小物を取り入れた、今期おすすめのスタイリング。
ボトムスは、バイカーショーツやレザーパンツなどにダッドスニーカーを組み合わせれば、
斬新なアイディアに溢れた今の東京を象徴したスタイルが完成します。

 

19_5_10_rmk45809_2

 

最先端ファッションに合わせるリップは、「リップスティック コンフォート ブライトリッチ 04」の艶やかなオレンジ。
ミニマム&大胆に、鮮やかなオレンジリップを生かす「ツヤ感メイク」に仕上げます。

1

目もとは、「インジーニアス パウダーアイズ N 18」をまぶたから眉の方まで大胆に広げてグロッシーな質感に。
インサイドに黒のペンシルライナーを引くことでメリハリのあるモードなニュアンスをプラスします。

2_2

アイメイクはたったこの2つだけ。ノーカラー・ノーマスカラがポイントです。

 

肌と眉毛もツヤ感を意識して。
眉はアイブロウジェルでツヤと動きをつけ、アクティブかつ洗練された印象に仕上げます。

 

19_5_10_rmk46174_2

 

 

リップの鮮やかなカラーと、大胆に引き算したツヤのある抜け感メイクが、
個性のあるファッションをより引き立たせます。

 

19_5_10_rmk45841_tr_2

 

メイクの引き算はちょっと勇気がいると思いますが、
ツヤ感などを上手に取り入れて、少しずつチャレンジしてみてくださいね。
メイクの楽しみや幅がぐっと広がると思いますよ。

 

この夏はアクティブに、抜け感メイクでお洒落スポットにどんどん出かけていきましょう。
次週も、お楽しみに。

 

 

全国のメイクアップイベントはこちら>>

 

 

RMK MAKE UP ARTIST 金子 真二>>

05_at_2

2019.07.11

『ファッション×リップ』ディナー編

「ファッション×リップのコーディネート」第2弾は、六本木や青山など、大人の街でのディナーに似合う、洗練メイクをご紹介いたします。

 

19_5_10_rmk45584_2

 

ファッションの主役は、ジャージー素材の艶やかなワンピース。
身体の動きによって生まれる計算しつくされた美しいドレープが特徴です。
足元は、大人の余裕を演出するハイブランドのスポーツサンダルなどがおすすめ。

 

こなれ感が光るファッションに合わせるのは、
リップスティック コンフォート ブライトリッチ 09」のディープなローズカラー。

A02_5

輪郭がとりにくい方は、「イレジスティブル スケッチリップライナー 03」と組みあわせて使えば、よりきちんとした印象に。

 

19_5_10_rmk46084_2

 

リップライナーの使い方は動画でご確認ください。

 

 

目もとは女性らしいボルドーやピンクブラウンのアイシャドウで陰影をつけます。目の下に入れることも忘れずに。
グッと大人っぽく、上品な色っぽさが演出できます。
眉も唇にあわせていつもより輪郭を丁寧に描けば準備はばっちり。

 

19_5_10_rmk45632_3

 

しっかりとリップを塗り込んで、夜の街に出かけてみてはいかがでしょうか。
次回もお楽しみに!

 

 

全国のメイクアップイベントはこちら>>

 

 

RMK MAKE UP ARTIST 上荒磯 秀俊>>

14_at_2

2019.07.05

『ファッション×リップ』カフェ編

お出かけの際は、行く場所やシーンによってファッションを変えますよね。
でもメイクはいつもと同じ。という人はいませんか?
今月は4週に渡って「ファッション×リップのコーディネート」をお届けします!

 

メイクの印象を大きく変えるリップを中心に、シーンに合わせたメイクをご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

19_5_10_rmk46059_3

 

今週は、友達とカフェで過ごす休日です。
ファッションはシンプルなストライプシャツにアンティーク調のアクセサリーをセレクト。
ヴィンテージブランドのボディバッグを身につけてレトロスポーツミックスに。

 

都会的でリラックス感のあるファッションに合わせて、
リップは「リップスティック コンフォート ブライトリッチ 10」のカフェモカの様な赤みブラウンをコーディネート。

A02_6

 

19_5_10_rmk45465_2

 

抜けのある目もとやチークに、トレンドカラーのリップをまとえば、気負いすぎないおしゃれなコーディネートが完成しますよ。

 

来週以降のパターンもちょっと先にお見せしちゃいます!

 

4th_001_2

 

どうぞお楽しみに!!

 

 

全国のメイクアップイベントはこちら>>

 

 

RMK MAKE UP ARTIST 後藤 祥子>>

15_at_3

2019.06.27

『簡単アレンジ。夏のネイルコーデはこれで決まり!』

もうすぐ夏本番。
強い日差しとともに、わくわくした季節がやってきますね。
洋服もどんどん軽やかになり、今の時期しかできないファッションを楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。
最近は、シンプルな洋服にアクセントとなる小物を合わせるスタイルを、雑誌などで多く見かけます。
ネイルやメイクを小物のように、ファッションの一部として楽しめるようになったら、それはもうおしゃれ上級者。

 

今回はファッション×ネイルアレンジをご紹介します!

19_5_10_rmk45658

 

ハンサムなブラックオールインワンに、女性の色気漂うオーロラ風ネイルを合わせてバランスをとってみました。
華やかなオーロラ風ネイルは足もとに付けて、サンダルからチラ見せするのもおすすめです。
このようにファッションとネイルをリンクさせるだけで、一気にこなれ感がでてきます!

 

19_5_10_rmk45775

 

今回使用したネイルはRMKでも人気の2色。
RMK ネイルポリッシュ 08 (CL)
RMK ネイルポリッシュ 24 (P)

19_5_10_rmk46049

08 (CL)を一度塗りした後に、ネイルポリッシュ 24 (P)を重ねるだけ。

 

 

ネイルをキレイに塗るコツはハケの片面に液がついた状態で中央→両サイドの順番に塗っていく事です。
この後にクリアトップコートを重ねれば、よりツヤ感とぷるんと感がアップして、ネイルも長持ちしますよ。

 

ファッションや気分に合わせてカラーをそのまま楽しむのはもちろん、重ねたり、ミックスしたり、思いのままにアレンジしてみてください。
是非、この夏はネイルもファッションの一部として取り入れて、おしゃれをもっと楽しんでみてくださいね。

 

 

全国のメイクアップイベントはこちら>>

 

 

RMK MAKE UP ARTIST 藤江 望恵子>>

19_aat

2019.06.13

『崩れにくい!夏のベースメイクアップ』

各地で梅雨入りし、じめじめとした日々が続いていますね。
今回はこれから暑くなる季節におすすめの、メイクのモチをよくするスキンケアとベースメイクをご紹介します!

 

夏は汗や皮脂が多く、肌表面がべたつくので乾燥しているようには感じませんが、実はエアコンなどの影響で水分不足になっていることも。
肌の水分が不足することで過剰に皮脂が出てしまい、テカリやメイク崩れの原因になっています。
崩れにくいベースメイクに仕上げるためには、しっかりとうるおいをあたえながら、肌表面はさらりとした状態にととのえることが大切です。

 

そこでおすすめしたいのが、スキンケアから仕立てる美しい肌への土台づくりです。
使用するのはこのアイテム。

19_5_10_rmk46005_2

スキンチューナー クーリングジェル」は、ひんやりとしたジェルタイプの保湿液。
皮膚温を下げながら、肌にうるおいをあたえてみずみずしい肌にととのえます。

 

次に、「UVフェイスプロテクター50」で気になる紫外線に備えます。
すーっと伸びて白浮きしないので次に使うアイテムに影響しないのがうれしいポイント。

 

さらに、「クールジェル ハイドレーティング フェイスプライマー」で肌にうるおいをあたえ続けながら、表面はさらりとした汗や皮脂にくずれにくい状態をつくります。

19_5_10_rmk45947_2

19_5_10_rmk45215_2

 

ファンデーション前の3ステップだけでも、化粧モチがアップするのですが、
さらに崩れにくいベースメイクに仕上げたい方は、ファンデーション選びも重要です。

 

RMKのファンデーションの中でも特に崩れにくいのが、「UVリクイドファンデーション」。
UVケアはもちろん、汗や皮脂に強いフィルムを配合しているので肌のうるおいを逃がさず、
長時間つけたての美しい肌をキープできます。

 

19_5_10_rmk45182_2

今日ご紹介したアイテムで、この夏は涼しげな透明感のある肌で過ごしてくださいね。

 

 

全国のメイクアップイベントはこちら>>

 

 

RMK MAKE UP ARTIST 五十嵐 のぞみ>>

18_aat_2

2019.06.06

『人気アイシャドウで簡単アレンジ』

まぶたにフィットするなめらかなクリームと、同系色のパウダーがセットになった、「インジーニアス クリーム&パウダー アイズ」。

19_2_6_rmk7707

店頭のメイクアップレッスンでも人気が高い、このアイシャドウを活用した簡単なアレンジをご紹介します。

 

使用アイテムはこちら。
インジーニアス クリーム&パウダー アイズ 03
インジーニアス パウダーアイズ N 05
マルチクレヨン 01

19_2_6_rmk7729

 

パターン①
まずはベーシックにインジーニアス クリーム&パウダー アイズのクリームを目の際からアイホールまでつけた後に、セットのパウダーを重ねます。つややかな輝きと自然な陰影が生まれ、吸いこまれるような奥行きのあるまなざしに。

19_2_6_rmk7566

 

パターン②
インジーニアス クリーム&パウダー アイズのクリームにインジーニアス パウダーアイズ Nを重ねます。パープルにブラウンが加わり、こなれ感のあるニュアンスカラーに。深みのあるカラーで目もとを強調できます。

19_2_6_rmk7620_2

 

パターン③
マルチクレヨンをつけた後に、インジーニアス クリーム&パウダー アイズのパウダーを重ねます。
ナチュラルで軽やかな印象に仕上がります。

19_2_6_rmk7657_2

 

重ねる色や使い方をちょっとアレンジするだけで、印象をがらりと変えることができます。
みなさんもぜひ、色々な組み合わせを試して新しい表情を見つけてくださいね。

 

 

全国のメイクアップイベントはこちら>>

 

 

RMK MAKE UP ARTIST 中水 康博>>

04_at

2019.05.30

『イメージ自在なチークバリエーション』

チークは、血色感をあたえたり、立体感をつけたりと、メイク全体のイメージをつくってくれるアイテム。今回は、イメージをがらりと変える、チークのバリエーションをご紹介します。

 

まずは、ピュアでかわいいチーク。

19_2_6_rmk7706

 

つける位置はこちら

19_2_6_rmk7195_7706_2

ニコッと笑って頬の盛り上がる部分につけていきます。
あどけない雰囲気が出るので、かわいらしいフェミニンな印象に。

 

次に、頬の印象を引きしめ立体感をつけた大人っぽいチーク。

19_2_6_rmk7513_2

 

つける位置はこちら

19_2_6_rmk7195_7513_2

顔の側面の頬骨の下のくぼみを中心に、少し上下に幅を出すようにつけます。
陰影が付き立体感が出るので、上品なきれいめメイクに。
チークの色をブラウンにすれば、より骨格が際立ちかっこいい仕上がりに。

 

最後はこの夏におすすめ日焼け風チーク。

19_2_6_rmk7590_2

 

つける位置はこちら。

19_2_6_rmk7195_7590_2

片側の頬の高い所から鼻の上を通って反対側の頬へ。
日焼けで赤くなった頬を表現したチークで、夏の雰囲気を出したサマーメイクにぴったり。

 

いかがでしたか?
普段何となくつけているチークを少し変えるだけで、なりたいイメージにグッと近づけることができますよ。
また、チークのつけ方は同じでも色を変えるだけで、新たな発見があるはず。
色々なチークのつけ方にチャレンジして、メイクをもっと楽しんでくださいね。

 

 

全国のメイクアップイベントはこちら>>

 

 

RMK MAKE UP ARTIST 堀 布昌>>

11_at

カテゴリ
プロフィール

RMK ARTIST

RMKのメイクアップアーティストから
最新情報をお届けしております。

RMK OFFICIAL SITE

AOYAMAEVENTARTIST